頭のイボの原因について!頭のイボはなぜできるのでしょうか?
50,690views

頭のイボの原因について!頭のイボはなぜできるのでしょうか?

頭のイボの原因についてまとめています。ふと頭を触った時に、イボがあることに気付いた人はいませんか?普段は髪の毛で隠れているため気付かなかったものの、1度気付いてしまうと気になってしまいますよね。では、頭のイボはなぜできるのでしょうか?

頭のイボ

頭には吹き出物が出来やすい

頭には吹き出物が出来やすい

頭を触った時にイボのようなものがある場合、なんだか不安になってしまいますよね。しかし、それはイボではなく吹き出物かも知れません。頭は吹き出物が出来やすい部位ですので、吹き出物の場合にはそれほど心配する必要はありません。清潔にしておくことで、自然に消滅します。

頭の吹き出物の原因と言われているのが、皮脂・汚れ・シャンプーの洗い残しなどです。皮脂が過剰に分泌される理由として、ストレスやホルモンバランスの乱れが考えられます。頭の吹き出物が頻繁に出来るようでしたら、生活習慣の見直しをおすすめします。

頭のイボは発見が遅い

イボは頭に限らず体中どこでもできます。しかし、中でも頭は髪の毛が生えているためイボに気付きにくい部位と言えるでしょう。また、後頭部の場合には自分の目で確認することができません。

このようなことから、頭のイボはある程度の大きさまで成長してから見つかることがほとんどです。ある程度の大きさになるとブラシに引っかかって気付くことが多いようです。万が一発見したイボが病気によるものだった場合、とても不安に感じてしまいますよね。

頭のイボの原因

老人性疣贅

頭のイボの原因として多いのが老人性疣贅

頭のイボの原因として多いのが、老人性疣贅です。老人性疣贅とはその名の通り高齢者に多いイボのことを指します。しかし、ここ最近では若い年代でも老人性疣贅ができる人が増えています。そのため、若いから老人性疣贅ではないとは言い切れません。

老人性疣贅の大きな原因と言われているのが、紫外線です。その証拠に、老人性疣贅は頭や顔、手など紫外線が当たりやすい部位にできます。紫外線を浴び続けると次第にシミがイボとなります。初期は目立たない程度ですが、放置するとイボが大きくなることもあります。

老人性疣贅はウイルス性ではないため、人に感染することはありません。しかし、頭のイボが気になる場合には皮膚科で切除してもらうことも可能です。皮膚科では、レーザー療法や電気焼灼法による治療が一般的となっています。

尋常性疣贅

頭に出来ることは稀ですが、尋常性疣贅の可能性もあります。尋常性疣贅とはウイルス感染が原因でできるイボです。主な原因ウイルスはヒト乳頭腫ウイルスです。尋常性疣贅は痛みや痒みなどの症状がないことが特徴です。そのため、万が一頭に出来た場合には余計発見が遅れてしまいます。

尋常性疣贅のほとんどは顔や腕、足などにできます。頭に出来る場合には、珍しい形をした尋常性疣贅が多いとされています。

皮膚がん

頭のイボの原因として最も不安視されているのが、皮膚がんです。皮膚がんにはいくつか種類がありますが、中でも有棘細胞がんと基底細胞がんが頭に出来やすいと言われています。

有棘細胞がんは、頭の中でも額やこめかみ周辺に出来ることが多いようです。有棘細胞がんの場合、かさぶたのようになるのが特徴です。一方で基底細胞がんはまぶたや頬など顔に出来やすいようです。基底細胞がんにはいくつかのタイプがあり、そのタイプによって症状は異なります。

イボが気になったら皮膚科へ!

イボが気になったら皮膚科へ!

頭のイボの原因をいくつか紹介しましたが、正しい原因を自分で判断することはできません。そのため、頭にイボを見つけたら念のため皮膚科を受診することをおすすめします。
例え悪性でないイボでも、頭にできたイボはブラッシングやシャンプーの刺激で治りにくいのです。そのため、早めに治すためにも皮膚科を受診しましょう。

PR