痛風の初期症状ってどんなもの?女性でもなる病気なの?
221views

痛風の初期症状ってどんなもの?女性でもなる病気なの?

痛風は風が吹いても痛むといわれる関節の病気で、従来は男性特有の病気と認識されていました。確かに患者の95%は男性とされる病気ですが、近年は女性の痛風患者も増えてきています。また、女性も高齢になると痛風にかかりやすくなり、注意が必要です。ここでは、痛風の初期症状や原因、治療法についてお話します。

痛風はなぜ男性に多い?プリン体が痛風に関係するって本当?

痛風は男性に多いのはなぜか

痛風は女性はかからない病気、そんな風に思われるほど、痛風患者には男性が圧倒的に多いのです。理由は、男性が痛風になりやすい体質というよりは、女性が痛風になりにくい体質を備えていると考えたほうが正しいでしょう。痛風の原因は過剰な尿酸で、通常は排泄されるところが、量が多過ぎるために体内に結晶化して蓄積されてしまうことがよくないのです。

痛風と対の言葉のように言われるのが、プリン体です。プリン体は生物の核を成す物質で、細胞分裂には欠かせません。しかし、プリン体が肝臓で分解されるとき、老廃物として尿酸が発生します。そのため、プリン体の多い食べ物を食べ過ぎると、痛風になると言われるようになったのです。プリン体の多い食べ物とは、簡単にいえば栄養価の高い美味しいものです。つまりはご馳走の食べ過ぎが、痛風につながるといってもいいでしょう。

女性が痛風になるのは、どんなときか

女性が痛風になるのはどんなときか

痛風は絶対に女性がかからない病気かというと、そんなことはありません。女性が痛風になりにくいのは、女性ホルモンが尿酸の排出を促してくれるためです。しかし、女性ホルモンが満足に分泌されない女性は、尿酸の排出も上手くいかなくなります。女性ホルモンの分泌率が低い時期といえば更年期以降が代表的ですが、過激なダイエットや不規則な生活習慣によって女性ホルモンのバランスを乱している女性は、まだ若くても痛風になる可能性が高いといえます。

男性と同じように、プリン体の多い食事を常食していたり、運動不足な生活を送っていると、体に老廃物がたまりやすくなります。遺伝が関係していたり、薬物による影響もあり、現代の恵まれた食生活の中で暮らしている人は全て、痛風に気を付けたほうがいいでしょう。

痛風は、どんな症状が出たら疑わしいか

痛風と疑わしい症状

痛風になったらどうしようと、不安に思っている男性はたくさんいます。ある日突然病気に気付くことが多いだけに、不安に感じるのも当然です。痛風の初期症状として代表的なのは、足指の関節が腫れて痛むということです。非常に激しい痛みで、その名の通り、風が当たっただけでも激痛にうめくことになるでしょう。関節の痛みは放置しておいても数日で引きますが、何とかなりの月日が経ってから再発することが多いのです。そんな発作を繰り返しているうちに、じわじわと関節や腎臓に異変が生じてくるのが痛風の恐ろしいところです。

悪化すると慢性的な痛風になることもあり、動脈硬化や脳血管疾患、心筋梗塞などのリスクも高まってきます。ただ、痛風かもしれないと怯えていたら、別の病気だったということもあります。例えば、外反母趾や変形性関節症、関節リウマチなどの症状も痛風に似ているため、気になることがあれば病院で相談しましょう。

痛風の治療はどのように進められるか

痛風の治療法

痛風の治療には、2種類の薬が用いられます。1つは発作を回避する薬、もう1つは痛みを軽減させる薬です。薬の服用には十分な注意が必要で、逆効果とならないように医師の指導をよく仰ぐことが大切です。

初期の痛風には、コルヒチンという薬がよく用いられます。発作が起きるのを防いだり、症状の進行を抑える効果がありますが、既に激痛を感じている場合にはあまり効果が出ません。痛風の診断を受ける人には激痛を感じているケースが多いため、実際にはコルヒチンの処方は少なくなっています。

関節の炎症を抑えるためには、非ステロイド性抗炎症薬が処方されます。この薬が使えなかったり効果が出なかった場合には、副腎皮質ステロイドが処方されます。合わせて、高尿酸血症の治療のために、薬物療法と生活療法が始まります。合併症を防ぐためにも、生活習慣の改善は必須です。

PR