痛風に悪い食べ物や飲み物は?食生活に注意しましょう!
1,810views

痛風に悪い食べ物や飲み物は?食生活に注意しましょう!

痛風に悪い食べ物や飲み物を紹介します。痛風とは体内に過剰に尿酸が溜まった状態です。痛風の原因には、普段の食生活が大きく関係しています。そのため、痛風に悪い食べ物や飲み物を知って食べ過ぎに注意しましょう。

痛風を予防するためには?

風が吹いても痛いという痛風

痛風の大きな原因となっているのが、尿酸です。尿酸は人の体内で必ず作られているものですが、尿となって排泄されるためその量は一定に保たれています。しかし、何らかの原因で尿酸が増えすぎてしまった場合、痛風になってしまうのです。痛風の主な症状は足の痛みです。

痛風は、早い段階で治療をしないと慢性化してしまう恐れがあります。そのため、痛風に気付いたらすぐに病院を受診しましょう。また、痛風の治療には普段の食生活の改善も欠かせません。痛風の原因のほとんどは食生活にあるため、食生活を改善することで痛風の症状を和らげることができます。

痛風に悪い食べ物・飲み物

プリン体に注意!

痛風=プリン体というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?プリン体は体内で尿酸になるため、プリン体を摂取しすぎることで尿酸値が高まってしまうのです。とはいえ、プリン体はほとんどの食べ物に含まれているため、普段の食生活でプリン体を摂取しないのは難しいとも言えます。

プリン体が痛風の原因となっていることは確かですが、ここ最近ではプリン体の摂取を気にしすぎる必要は無いと言われています。その理由は、食べ物から取り入れたプリン体が尿酸になるのはわずか20%程度だからです。尿酸の80%は体内で生成されたプリン体から作られているそうです。

それでもプリン体が含まれている食べ物は、痛風に悪い食べ物には変わりありません。プリン体が多く含まれている食べ物として、肝やレバーなどの内臓類・アジやサンマの干物・白子・エビ・マダコ・カツオ・ヒラメ・牛ヒレステーキ・豚ロースステーキが挙げられます。主に魚類や肉類に多く含まれています。

プリン体が含まれるビールは飲みすぎ注意

プリン体と聞いて真っ先にビールを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?最近ではプリン体オフのビールも販売されていることから、ビールはプリン体が多く含まれている飲み物と認識している人も多いでしょう。

しかし、実際はビールに含まれるプリン体の量はそれほど多くはありません。ビールを飲むことによってプリン体の過剰摂取が心配されている理由は、ビールはついつい飲み過ぎてしまう傾向があるためです。そのため、ビールはもちろんですがお酒の飲みすぎには十分に注意しなければなりません。

痛風=ビールを控えるべきと言われている理由はもう1つあります。それが、おつまみです。前述した痛風に悪い食べ物は、どれもビールとの相性抜群です。そのうえ、ビールを飲んでいるとどうしてもしょっぱいものを食べたくなってしまいますよね。塩分の摂りすぎも痛風の原因となるため、ビールだけでなくおつまみにも注意が必要です。

塩分の摂りすぎに注意!

痛風に悪い食べ物と聞くとプリン体さえ摂取しなければ良いと思うかもしれませんが、そうではありません。塩分の摂りすぎも痛風を悪化させる原因となるため注意しましょう。

塩分の摂りすぎも痛風を悪化させる

普段の食事で塩分を摂りすぎている人は、肥満体型になりがちです。肥満体型の場合、体内にはたくさんの脂肪があります。脂肪は尿酸の排出を邪魔してしまうため、肥満体型の人は尿酸値が高くなりやすい傾向があります。

他にも気を付けたい食べ物・飲み物

尿酸は尿として体外へと排出されますが、その役割を担っているのが腎臓です。そのため、腎臓の働きを弱めてしまうカリウムやリンの過剰摂取は避けましょう。カリウムが多く含まれている食べ物は、豆類やパセリ、アボカドです。一方でリンが多く含まれている食べ物は卵黄やプロセスチーズ、シラスやイワシの干したものです。

最近ブームになっているゼロカロリー飲料も飲みすぎに注意です。これらの飲み物は尿酸の排出を妨げてしまうと言われています。

PR