大人だけじゃなかった!子供の水虫が増えている?!
150views

大人だけじゃなかった!子供の水虫が増えている?!

水虫と聞くと大人がなってしまう足の症状だと思っている方が多いのではないでしょうか?実は、子供の水虫というものがあるというのを知っていましたか?最近増えてきている子供の水虫の症状や、簡単な予防法や治療法などについてまとめてみました。もうすでに水虫の心配があるという方は必見です。

子供の水虫なんてあるなんて知らなかった…!

子供の水虫なんてあるなんて知らなかった…!

水虫はどうしても大人がなるものというイメージが抜けないという方は多いでしょう。

しかし、今注目されているのは子供の水虫なんです。今とっても多くなっている子供の水虫って、一体どんなものなのか知っておきましょう。自分の子どもも、いつ水虫になってしまうかわかりません。親がすぐに対処できるようにしておくことが必要です。

水虫になってしまう原因って!?

水虫というのは白癬菌と呼ばれる一種のカビに感染することによって引き起こされるものです。白癬菌は足だけでなく体の様々なところに感染しいろいろな症状をもたらします。今回は足の水虫についてご紹介します。

誰かにうつされてしまった!

すでに白癬菌に感染している人からうつるのが最も多い

水虫になる原因の中で最も多いのが、すでに白癬菌に感染している人からうつるということです。

特にうつりやすいといわれているのが公衆のプールや温泉、ジムなどです。また、家族に水虫の方がいる場合には、お風呂場のマットや床などから、白癬菌が足に付着して水虫になってしまうということがあります。

不特定多数の人が使う施設などのマットや床は要注意なので知っておいてください。

清潔な状態を保っていなかった!

白癬菌が付着しても、すぐに洗い流したりすれば水虫になることは無い

白癬菌が足についたからといて必ず水虫になるということは言えません。白癬菌が付着しても、すぐに洗い流したりすれば水虫になることは無いのです。

白癬菌が足に付着した場合、温度や湿度などの関係によって白癬菌が繁殖し、水虫になってしまうということが分かりました。

同じ靴を履き続けたり、白癬菌が足についているのに洗い流さないで放置してしまうのは絶対にしてはいけません。

水虫になるとどんな症状が現れるの?

とにかく足が臭くなるのが嫌!

水虫になると足が臭くなります。刺激臭のような強い臭いを感じる人もいれば、腐敗臭のような臭いを感じる人もいます。

症状の度合いによって様ざまですが、とにかく臭いは気になると言われます。白癬菌に感染した皮膚が自分の皮膚を守るために、肌からリンパ液を分泌するようになることで、分泌液に様々な菌が付くようになり活性化され、腐敗臭がするようになるのです。

足が痒くなりぐじゅぐじゅになってしまうのがつらい!

水虫といったら痒み!指の間や土踏まず等の足の裏側、また、かかとなど足全体にわたって痒みが出ますが、中でも特に強いのが指の間だと思います。

白癬菌の感染によって角質が足の指の間に溜まりやすくなり、白くふやけてしまったり、皮がめくれてしまたり、ジュクジュクになってしまったりすることがあります。痒みを通り越して痛みに変わる場合もあるので注意が必要です。

皮膚科に行ってすぐに治してしまおう!

水虫の治療は皮膚科に行くのが手っ取り早いです

水虫の治療は皮膚科に行くのが手っ取り早いです。皮膚科に行くと飲み薬や、塗り薬を処方してくれます。市販の水虫の治療薬を試すのも良いですが、医師に頼んだ方が早くて的確なのでオススメです。

子どもの水虫の予防方法!

水虫は一度完治したからと言ってもう二度とならないというものではありません。しっかりと日々予防をしていないとまた水虫になってしまいます。

まず、家族の水虫感染者とは使うものを共有しないことが必要です。そして常に足は清潔に保たなければいけません。

PR