バチっという切れる音とともに強烈な痛みが全身を駆け抜けます。スポーツ選手に多いアキレス腱断裂の治療法
1,001views

バチっという切れる音とともに強烈な痛みが全身を駆け抜けます。スポーツ選手に多いアキレス腱断裂の治療法

アキレス腱断裂の治療法には、手術を行う方法と手術をしない保存方法とがあります。早期回復ができるのは、これまで手術を行う方法とされてきましたが、最近の研究データーによれば、添え木やギブスをつけた状態で早期リハビリをすれば、早期回復することができることが解ってきています。

アキレス腱断裂とはどんな状態なの?

アキレス腱断絶の痛みはすざましい

アキレス腱はふくらはぎの筋肉の束をアキレス腱というひもが踵につながっています。何らかの負荷がかかった時にこのアキレス腱が切れてしまうことをアキレス腱断裂と言います。バチッという音とともに強烈な痛みが全身を駆け抜けていきます。またスポーツ選手に多く、他にも筋肉が低下した50代以上の方が転倒したり、転落した時に、切れることがあります。

事故にあいやすいスポーツには、テニスやバトミントン、バレーボール、剣道があります。アキレス腱は30代を過ぎると老化するため、だんだん弱くなってきます。若いスポーツ選手の方であれば、アキレス腱断裂後の手術を行えば回復度も早いのですが、30代以上のスポーツ選手の場合、やや回復度も落ち、再断裂の可能性も高まります。

アキレス腱断裂の治療法には選択肢がいろいろあります

アキレス腱断絶の治療法には昔と違い選択肢がある

アキレス腱断裂の治療法には、手術を行う方法と、手術を行わない方法とがあります。

昔は、手術を行えば、リハビリを早く始めることができるため、スポーツ選手であれば、手術をした方がよいとされてきました。

手術をしない方法は、ギプスを一か月から半年ほどつけて自然治癒するのを待つというものです。手術を行うメリットは、アキレス腱を確実につなげることが出来、スポーツ復帰の時期を早めることができるというものです。

デメリットとして手術を行う場合には、手術費がかかること、合併症の問題、手術者の腕の問題などがあります。手術を行わない方法のデメリットは、治癒時間がかかること、再断裂率も高いことが挙げられます。

その手術本当に必要なの?

これまでアキレス腱断裂の治療法は断裂後、すぐに手術をすれば、早く治すことができるとされてきました。また再び断裂することもないと言われてきましたが、低い確率で再断裂してしまうケースもあります。手術を行わなくても、時間がかかりますが、自然治癒することもできます。

しかしスポーツ選手の場合、やはり早く復帰することが大切でもあるため、手術という選択肢が取られることが多いようです。

早期回復の決め手は、早期リハビリにありました

治療院によって治療方針があります。最近では、手術を行っても手術をしなくても、早期にリハビリをすれば回復を早めることが研究データーで解ってきています。

保存療法をしながら、早期にリハビリ訓練を重視している治療院で行えば、早期回復も夢ではありません。最初の段階からリハビリ訓練するため、結果的には手術後のリハビリ訓練を行った場合よりも、早く復帰することができます。

最終的には、自分が納得できる治療が行える医院を選ぶ

早期リハビリは早期回復につながる、納得できる治療法を選ぼう

アキレス腱断裂の治療法には治療院によって治療方針が決まっています。すぐに手術を行う方針の治療院もあれば、保存療法に力を入れている治療院もあり、院長の考えに基づいた治療法が取られているようです。

どの治療方法で行っているのか、あらかじめリサーチをしておいてから、自分に一番合う治療方法を行うところで受診するのが、一番よい方法でしょう。

スポーツ選手の場合、選手生命にもかかわる問題であるため、最適な治療を受けるためにも、いくつか病院をまわって、納得できる治療が行える病院を選ぶことが、最終的には一番大切なことではないでしょうか。

PR