ふくらはぎの肉離れは塩分やミネラルの不足が原因?!予防には黒ごまがおすすめ!
2,309views

ふくらはぎの肉離れは塩分やミネラルの不足が原因?!予防には黒ごまがおすすめ!

ふくらはぎの肉離れは若い人でも大人になってもなるものです。その原因にはビタミンやミネラルの不足が挙げられます。普段から適度に塩分をとり、野菜を十分に摂取する他、黒ごまを食べることで肉離れを予防することができます。肉離れを早く直すためにはオリーブオイルでのマッサージが効果的です。

ふくらはぎの肉離れの原因

ふくらはぎの肉離れの原因は筋肉の疲労やミネラル不足

ふくらはぎが肉離れを起こしてしまう原因はいくつかあります。
多くは筋肉の疲労、ミネラル不足、筋肉の柔軟性がないことなどが挙げられます。
これらの原因は日頃から運動をしていても、していなくても当てはまることで、言い換えることふくらはぎの肉離れというのは誰もがなる可能性があるのです。

中年以降の肉離れには食事に注意!

肉離れを起こさない食事は中年以降はとくにミネラル不足に注意

肉離れは若い人でも年を重ねた人でもなることがあります。しかし、その要因は大きく違うことが多いようです。一般的に若い人の肉離れの原因は運動のし過ぎによる筋肉の過労であることが多く、中年以降の場合には運動不足による筋肉の柔軟性が失われたことが原因であると言われています。
どちらの場合にも背後にあるのは栄養不足、ミネラル分の不足があるので日頃の食事を見直すことをおすすめします。
とくに中年以降の肉離れは肉食やアルコールの飲み過ぎなど食事の悪習慣によって引き起こされることが多いと言われています。

ふくらはぎの肉離れの予防

ふくらはぎが肉離れを起こすことを予防するためには3つのポイントが大切です。

運動前に十分に足を伸ばすことで肉離れを予防できます

1つは運動前後に十分にストレッチを行うこと、2つ目はビタミンやミネラルを十分に摂取すること、そして、3つ目は夜に睡眠をしっかりととることです。
この3つのうちでとくに重要なのがビタミンとミネラルの摂取です。運動は多くの汗を欠くため、体内でビタミンが失われ、汗としてミネラルが排泄されると言われています。
そのため、スポーツなどで体を動かすことが多い人は日頃から多くのフルーツや塩分を摂取することが大切です。

なってしまった肉離れを早く治す方法

気をつけていても肉離れを起こしてしまった場合には動かさないようにして、生理食塩水かスポーツドリンクを十分に飲んでミネラルバランスを回復させるように努めます。
痛みが引いた段階で、オリーブオイルで優しくマッサージを行います。オリーブオイルは筋肉の回復を早めるとともに筋肉を強くする働きがあります。
普段の食事にオリーブオイルを摂取することも良いですが、肉離れを起こした場合には肌に直接塗ることで高い効果が得られます。

オリーブオイルマッサージの方法

肉離れをおこしてしまった後のケアにオリーブオイル

入浴後、オリーブオイルを適量、手にとり肉離れを起こしたふくらはぎを中心にオイルをなじませます。強く揉む必要はなく、肌を撫でるようにしてオイルを塗ります。15分程度かけてオリーブオイルを塗ったらラップを巻いて30分程度置いておきます。その後、オイルをキッチンペーパーなどで拭き取ります。オイルの残りが気にならない場合はそのままにします。朝晩、行うことで肉離れの痛みが早く治ります。

度重なる肉離れは骨がもろくなっている証拠?!

短期間で何度も肉離れを起こすということは肉離れはミネラルやビタミンが体内に不足しているサインです。
このような肉離れを頻繁に起こすことは筋肉に負担をかけるだけではなく、骨がもろくなっている証拠でもあります。
骨は硬く、カルシウムの塊という印象がありますが、その実体はビタミンやミネラルの貯蔵庫という働きがあります。肉離れを頻繁に起こすということは、その骨から得られるはずのビタミンやミネラルが減っているということが考えられます。
日頃から小魚やゴマなどをたくさん食べてカルシウム不足を防ぐとともに、ミネラルも十分に摂取しましょう。

カルシウム不足に『黒ごま』がおすすめ

肉離れ予防のカルシウム不足には黒ゴマをとろう

肉離れやカルシウムの不足を毎日の食事で防ぐために、とっておきの食べ物として黒ごまをおすすめします。
黒ごまは高いミネラル分とカルシウムを含む食べ物です。ご飯かけても、おかずにかけても美味しく食べられる食品で、しかも和洋中問わず合わせることができるものです。
黒ごまは硬い殻で栄養が覆われているため、そのまま食べても吸収率が悪く、そのまま排泄されてしまいます。食べる際にはよく搗(つ)いてから食べるようにしましょう。

PR