足がつる事への予防策や原因について。そして日常生活で注意できること
123views

足がつる事への予防策や原因について。そして日常生活で注意できること

誰でも足がつってしまうことがあります。ですが、その原因については、筋肉の疲労や血行不良などが考えられますが、それ以外にも栄養不足などさまざまなことが要因となります。足がつる予防策や原因についてしっかりと知っておくことが必要です。

足がつる事への予防策がある!?繰り返すこむらがえり、足のつりには注意が必要です

年齢が上がるとともに慢性化しやすい疾患

足がつることはよくあります。こむらがえりとも言われています。

睡眠時に足がつると快眠できなくなったり、何度も足がつることで、痛みが残ってしまい生活をしづらくなることがあります。放っておくと足の痛みが慢性的になり、外出が億劫になることも考えられます。

一方で足がつる予防策は、食生活やストレッチなどいくつかあります。そのため、足がつる事への予防策が大切になります。なぜなら、年齢が上がるとともに慢性化しやすい疾患でもあるからです。

足がつる一般的な原因は?なぜ加齢により増えやすくなるの?

足がつる原因はいくつか考えられます。

まず、筋肉の疲労です。加齢とともに筋肉の量が少なくなっていき、そのため筋肉が調整しにくくなりこむら返りのような状態を引き起こします。

そのほかには、ミネラルバランスによる乱れがあります。中高年になるとミネラルが汗や尿とともに排出されやすくなります。ミネラルバランスの乱れが、筋肉の異常興奮状態であるけいれんを引き起こし、足のつりとなって現れるのです。

不足している栄養素は、ミネラルだけではありません。ビタミンB1やタウリン不足も足がつる原因となっています。

足がつる予防策。筋肉に働きかけることが重要

足の筋肉量を増やすためには運動をすることも有効です

足がつる原因で筋肉の疲労が挙げられますが、そのためにはまず疲労をしている筋肉のこりを取ってやることが必要です。

そのためにはストレッチやマッサージが非常に有効です。ふくらはぎを手でもんだり手を滑らせたりするマッサージをすることで日常生活での筋肉の疲れを取ることができます。足や体全体を伸ばすストレッチを習慣化するだけで足がつりにくくなります。

足の筋肉量を増やすためには運動をすることも有効です。スクワットや簡単なウォーキングは血流が良くなり疲労回復にも繋がっていきます。加齢とともに血流は悪くなりがちですので、しっかりと筋肉量を増やしましょう。運動後はストレッチをして筋肉のコリをほぐしておきあしょう

食生活でミネラルを摂取することで、足のつりを防ぎましょう

ミネラルバランスが乱れることで、足がつりやすくなります

ミネラルバランスが乱れることで、足がつりやすくなります。

これは、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどの血液中のミネラルイオンがバランスを崩すことです。そのため、日ごろからカルシウムやマグネシウムなどを意識的に補います。

カルシウムは乳製品や小魚、マグネシウムは豆腐や納豆、非時期などに多く含まれています。そのほか、ビタミンやタウリン不足が原因とも言われています。

ビタミンB1や卵や豚肉、豆類などに含まれておりタウリンは魚介類や貝類に含まれていますので積極的に摂取すると良いでしょう

酷い場合は医療機関の受診を。病気のサインかもしれません

ほんとんどの足のつりは、運動不足や筋肉の疲労、ミネラルバランスの乱れなどによって起こりますので、症状がおさまれば問題はありません。

ですが、頻繁な足のつりは病気の原因かもしれません。たとえばしびれなども同時に起こっていたら脳梗塞かもしれませんし、喉が渇いたりしびれが起こると糖尿病など、足のつりとともにほかの症状が現れると注意が必要です。

手遅れにならないためにも、医師の診察を受けることが必要です。

PR