慢性的な足の痛みや違和感・・・足の腱鞘炎かも?
154views

慢性的な足の痛みや違和感・・・足の腱鞘炎かも?

腱鞘炎といえば手首などに表れる症状としてのイメージが強いですが実は足にも腱鞘炎は発症します。足の酷使や間違った靴選びによって足の腱に負担がかかり痛みや違和感を感じます。気づかずに放っておくと症状は悪化し歩行が困難になることも。足の腱鞘炎についての知識を深めることで症状にいち早く気づくことができます。

足の腱鞘炎って知っていますか?

腱鞘炎は足にも発症する症状です

「腱鞘炎」と聞くと手首や指の使いすぎによる症状だと感じる人も多いでしょうが、腱鞘炎は足にも発症する症状です。

膝を曲げる、足首を動かしたときなどに慢性的な痛みを感じる場合足の腱鞘炎である可能性があります。

腱鞘炎は初期ならば、冷やしたり湿布などをはって安静にしておくと改善することができます。しかし、症状が進むと痛みが強くなったり可動や歩行が困難になるなど日常生活に支障をきたす場合も・・・。

腱鞘炎にいち早く気づき悪化させないためには「足の腱鞘炎」における基礎知識や治療方法を知っておくことが大切です。

足の酷使による腱鞘炎

足の筋肉同士をつなぐ“腱”や腱を抑える“腱鞘”に関係があります

足の腱鞘炎も手首や指の腱鞘炎と同じで、足の筋肉同士をつなぐ“腱”や腱を抑える“腱鞘”に関係があります。

私たちが足を自由に曲げ伸ばしたり歩く・走る・しゃがむなどの動作を行うとき筋肉の動きに合わせて足の腱は伸縮を繰り返しています。

そして、伸縮する腱が筋肉から浮き上がるのを抑えるため腱鞘という筒状の短いパイプでところどころ覆われているのですが、腱が激しく何度も伸縮を繰り返すことでこの腱鞘と腱の間でおきる摩擦が大きくなりやがて炎症を起こし腱鞘炎となります。

走る、飛ぶ、蹴るなど足の筋肉を頻繁に使用するスポーツ選手や長時間の立ち仕事、座る立つなどの動作を頻繁に繰り返す人にも足の腱鞘炎は起きやすいとされています。

靴による腱鞘炎

足の酷使に心当たりがないのに足の指や甲が痛む場合、靴による締め付けが原因の腱鞘炎であることがほとんどです。

普段から自分の足に合わない靴を履いていたり、ハイヒールなどのつま先が細くなっているタイプの靴は足を締め付け足の腱や腱鞘を圧迫・・・。

圧迫が続くとやがて炎症を起こし腱鞘炎となってしまうのです。

また靴による腱鞘炎は圧迫されている場所によって痛みの原因となる腱が異なります。

主に、親指側の足の甲にある前脛骨筋腱、足首の真ん中から親指以外の各指につながっている長趾伸筋腱、最後に足の甲にある親指につながる長母趾伸筋腱、この3つの腱が腱鞘炎を起こしやすい腱とされています。

足の腱鞘炎の治療

足の腱鞘炎も基本的には手指の腱鞘炎と同じ対処方や治療を行います。
痛みが出はじめ熱を持っているときは、一時的にアイシングで患部を冷やし熱を下げます。
熱が下がったら軽いマッサージや温めて血行を良くするなどしながらとにかく“安静”にすることです。

運動中に軽い痛みや違和感を感じる程度や、特定の靴を履いた時にのみ痛みが現れるなど軽度の腱鞘炎ならばしばらく足の酷使を辞める、原因となる靴を変える、湿布や鎮痛剤などの使用で改善されることもあります。

基本的に腱鞘炎は炎症が治まることで症状が改善されるのでこれ以上炎症が悪化しないように心がけることが治癒への一番の近道です。

腱鞘炎の初期症状

腱鞘炎は悪化すると手術が必要になってしまうこともある症状

足の腱鞘炎は手の腱鞘炎に比べて認知度が低く症状が進行してから初めて診察を受けて発覚・・・といったケースも珍しくありません。

進行すると日常の歩行も困難になることもあるので早めの自覚が大切です。

足の腱鞘炎の初期症状には

・足の甲にギシギシとしたきしみを感じる
・関節部分や指がぽきぽきなる
・歩行中足に違和感を感じる
・しびれたりけいれんすることがある
・痛みとともに熱を持っている
・歩き出すとくるぶしの下あたりが痛み出す
・靴を履いたら痛み出す

などの症状に心当たりがある方は注意が必要です。

腱鞘炎は悪化すると手術が必要になってしまうこともある症状です。早期発見を心がけ早めの対策や治療を心がけましょう。

PR