繰り返す足首や足裏の痛みはハイアーチの痛みが原因かも
298views

繰り返す足首や足裏の痛みはハイアーチの痛みが原因かも

足裏や足首の痛みの原因となるハイアーチは適切なケアで軽減することができます。

足裏や足首の痛み「ハイアーチ」が原因!?

通常、足の裏には土踏まずと呼ばれているアーチ状になっている部分がありますよね。
このアーチが適切な形で存在していることで、体のバランスを保ちながら体を支え快適な歩行を続けることができます

しかしハイアーチを起こしている足は歩行に障害が現れたり、足首や足の裏などに痛みを感じることが多くなります。

歩行に違和感や足の痛みが続いている場合、もしかするとハイアーチの痛みが原因かもしれません

その痛みもしかするとハイアーチの痛みかも

ハイアーチっていったい何?

“ハイアーチ”とは、土踏まずの部分が異常に持ち上がってしまい甲高になってる状態をいいます。

土踏まずが無くなってしまい足の裏が平らになっている症状を偏平足といいますが、偏平足と全く逆の症状が現れるのがハイアーチです。

ハイアーチのほかに、凹足(おうそく)とも呼ばれている足の変形の1種です。

土踏まずのアーチには歩行や体のバランスを保つための大きな役割があります。

緩やかにカーブしたアーチが正常な形で存在していることでスプリング(バネ)のような機能を果たし、歩くときや走るときに体に加わる衝撃を緩和しているのです。

しかし、ハイアーチによってスプリングが正常に機能しないことで歩行のたびに足を中心とした体の様々な部分に負担がかかりやすくなり痛みなどの症状が現れます。

ハイアーチの主な症状

ハイアーチの症状で一番特徴的なのは、踵や足の指にできる大きなタコや魚の目です。

これは、ハイアーチによって本来ならば足の裏全体で支えなければいけない体重を踵や親指、小指の付け根など限定された場所で支えることによって現れる症状です。

また、足で支えながらバランスをとることが困難になるため膝がぐらつき不安定な感じが続いたり歩行中に親指で地面を蹴ることができない、障害物などがない場所でもよく捻挫するなどの症状が現れます。

そして偏った場所に体重をかけながら歩行を続けていると、足の甲の側面や足の裏が頻繁に痛む、足が疲れやすい、など足のいたるところに痛みや違和感が現れます。さらにハイアーチの痛みにより体のバランスが崩れることで膝や腰などにも負担がかかりやすくり腰痛や膝痛の原因となります。

ハイアーチになる原因

ハイヒールなどで強制的なつま先立ちを続けるとハイアーチに

ハイアーチになる原因で多いのは、長年にわたる筋肉への負担です。

例えば、スポーツなどでつま先立ちを繰り返していたり激しい動きや同じ動作を繰り返していると筋肉にかかる負担が特定の部分に偏りやすくなります。

そうなると、足の骨が少しずつ歪み変形することでハイアーチになります。

また、ハイヒールや踵の高いパンプスなどを日常的に身に着けている人も同様に強制的なつま先立ちをしている状態が続くことで足が歪みハイアーチの痛みが起こりやすくなります。

ほかにも、神経の麻痺や筋ジストロフィーという足の疾患が原因でハイアーチを発症することもあります。

ハイアーチの治療

ハイアーチの治療は、まず“タコ”や“魚の目”を取り除くこと

ハイアーチの治療でまず行わなければいけないことは、“タコ”や“魚の目”を取り除くことです。

そして足へのアンバランスな負担や衝撃を緩和させ正常な歩行ができるように中敷きを作ります。

中敷きは衝撃吸収力の高い市販のものでもある程度の効果を感じることはできますが、一人一人の足型に合わせて作られる専門医や専門業者によるオーダーメイドのものがより高い効果を感じることができます。

ハイアーチを発症していると踵を高く持ち上げるハイヒールなどの靴が歩きやすく感じるようになりますが、履き続けることで足の歪みがひどくなり症状は悪化します。

踵の高い靴はなるべく避け、足にかかる負担を軽減させましょう。

痛みがひどい場合は、中敷きに合わせてプロテクターなどを使用し圧迫されて痛みを感じる部分を保護します。

さらに重度になると、足の底にある腱膜や中足骨の切断などの外科手術による治療が必要になることもあるので、「ハイアーチかな?」と思ったら早めのケアや治療を心掛けましょう。

PR