足先の温め方と冷えから足先を守るトレーニング法
127views

足先の温め方と冷えから足先を守るトレーニング法

足先の温め方は足湯、半身浴、カイロなどとにかく外側からしっかりと温めることが大切です。さらに普段から足指、足首、ふくらはぎをしっかりと動かすことで筋肉がつき、冷えにくい足先になることができます。足指でグーパーを行うことも有効ですが、最初から足の筋力だけでできない場合は手を使ってストレッチしましょう。

足先の温め方と冷えから足先を守る方法

冬に足先の冷たさを感じる人は少なくありません。ひどくなると、「冷たい」ではなく、「痛い」と思うほど足先の冷えは不快なものです。このような足先の冷えを効果的に温める方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

【1】足湯

足湯がおすすめ
足を効果的に温める方法としては、足湯がおすすめです。理想はふくらはぎまであるバケツやタライなどにお湯を入れて足を温めることが理想ですが、足首からしただけでも足湯は高い効果を発揮します。足湯をするときのポイントは上着を厚着しないことです。最初は厚着でも、徐々に薄着になれる格好にしておきましょう。その理由は足湯は長時間入って、全身の血行を良くすることでより高い効果を望めるからです。足湯に入って、全身が暖かくなったからといって、すぐにやめてしまっては効果が薄くなります。徐々に全身が暖かくなって、じんわり汗をかくほど足湯をしながら過ごすことが足湯の極意なのです。また、足湯をするときには入浴剤として日本酒や天然塩を入れると効果がより高くなります。

【2】足裏にカイロを貼る

足裏にカイロを貼る
足先が冷たくて辛いときには足裏にカイロを貼ることをおすすめします。ただし、肌に直に貼らないようにしましょう。靴中に貼る用のカイロか普通の貼るタイプのカイロを靴、もしくは靴下に貼ります。このとき、靴下を綿100パーセントにして、さらに重ねばきをすると適度な温度で足を温めることができます。靴下を重ねばきしないと、足裏からでる大量の汗のためにカイロは長時間暖かさを保つことができません。そのため、靴の中にカイロを仕込むときには汗に濡れないように靴下の重ねばきや防水のためにラップで巻くなど対策をとる必要があります。また、足裏のカイロは冷えだけなく、疲労やむくみを予防する方法として有効です。

【3】足指とふくらはぎを動かす

足先を温めるためには筋肉を動かすことも有効です。このとき足の指でグーパーをしたり、足首を動かしてふくらはぎを伸ばす動作を行うと比較的短時間に足先を温めることができます。もし、足指でうまくグーパーできない、という場合にはその筋力のなさが足先の冷えを助長している可能性があります。日頃から、このような足指とふくらはぎの運動を行っておくことで足先の体温をあげて、冷えにくくなります。足の筋肉だけでは足指や足首ををうまく動かすことができないという場合には手で持って大きく動かしたり、関節をしっかり曲げたりするなどして関節周辺の筋肉や組織を柔らかくしてあげましょう。毎日行うことで徐々に足の力だけで足指グーパーができるようになるくらい筋肉がつきます。

【4】1日一度はしっかり温める

もっともおすすめする方法は半身浴足先が冷えている人は日常的に足先を冷やしていることが多いようです。このようにいつも足先が冷えていると毛細血管は後退し、そのために足先の体温は冷える一方です。足先までしっかり毛細血管を伸ばし、そして血流を良くするためには最低でも1日に1回はしっかりと足先を温めることが大切です。方法は入浴や湯たんぽなどなんでも良いので、芯からしっかりと温めることを意識しましょう。もっともおすすめする方法は半身浴です。40度以下の湯船に45分以上浸かると足先から体の芯までしっかりと温めることが期待できます。

PR