足の痺れの原因…それはもしかしたら病気のサインかも
826views

足の痺れの原因…それはもしかしたら病気のサインかも

あなたが感じた足の痺れの原因…それは疲れではなく何かの病気のサインかもしれません。感覚の低下、運動麻痺など足の痺れにもいろいろな種類があります。どんな原因があるのでしょうか?あなたの足の痺れが表すものとは…?

足の痺れは身体の訴えです

足がしびれている

正座をしていると足の痺れを感じて、動けなくなってしまう。そうした状況はたまにあります。正座の後のようなジーンとした痺れでないにしろ日常で足の痺れを感じている人は多いのではないでしょうか?足の痺れは痛みと違って不愉快ではありますが、日常生活に悪影響を与えるほどの心配はない。そう思って足の痺れを放っておく人もいるのではないでしょうか?しかし、それは間違いかもしれません。痺れが無くなればそうした出来事も忘れてしまう人も多いはずです。しかし、あなたが感じたその足の痺れはただの痺れではないかもしれません。もしかしたら、何か身体が訴えている病気のサインかもしれませんよ。

足の痺れの種類を紹介します

単純に足の痺れは一種類ではありません。時間とともに忘れてしまう正座の後のような一時的な足の痺れは問題ありません。正座した後の足の痺れは一時的に血行不良や神経の痺れが起きているだけだからです。心配なのは病気の前触れになっている足の痺れです。病気の前触れになっている足の痺れは『片足だけ』、『急におきて数分後に再発する』、『裸足なのにソックスや靴下を履いているような違和感を感じる』…このような普通では考えられない足の痺れが問題になります。こうした症状は身体の何を意味しているのでしょうか?

足の痺れの原因とは…?

足の痺れの意味することは、いくつか種類があります。原因として脳梗塞や脳腫瘍の可能性も否定できません。こうした病気の症状の1つとして足に痺れを感じている人が出てくるからです。ほかにも脊椎が変形してしまったり、胃や腸などに異変が起きている可能性もあります。どこが悪いかは病院で精密検査する必要がありますが、普通では考えられない足の痺れを感じたら要注意です。病気のサインや訴えだとすると、共通しているのは短時間の足の痺れではなく、長い期間をかけて身体に悪影響を与える足の痺れを感じることです。病気によってはすぐにでも受診が必要な場合もあります。

足の痺れの原因はヘルニアかも

ヘルニアの可能性もあります

足の痺れの原因はヘルニアの可能性もあります。ヘルニアというと腰や肩の痛みを連想する人もいますが、片足だけの痛みや痺れという身体の症状が出る可能性もあります。腰痛からヘルニアは始まるという先入観を捨てて、足の痺れから始まる病気かもしれない…。このようにヘルニアを疑ってみるのもいいでしょう。もちろん、足と同時に腰の不調を訴える場合もあると思います。足や腰に違和感を感じたら、すぐにでもヘルニアを疑い、病院で受診することをお勧めします。

病院に行きましょう

何科で受診するべきか?

足の痺れが長引いたり、普通では考えられないような痛みを訴えている場合は、病院での受診をお勧めします。しかし、足の痺れは何科を受診すればいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。足の痺れを感じたら、とりあえず整形外科を受診しましょう。足のしびれの原因はヘルニアなどの骨の変形が多いからです。もし、整形外科でない脳に関する病気の場合は脳外科か内科を受診するのが良い場合もあります。もしも、片足だけ異常を感じたりしたなど症状が分かっている場合は医師に相談するようにしましょう。異常を感じたら、なるべくすぐに受診するのが解決策になります。

PR