外反母趾の痛みを取るための5つポイント☆基本は靴を見直すこと!
76views

外反母趾の痛みを取るための5つポイント☆基本は靴を見直すこと!

外反母趾の痛みを取るためには外反母趾を改善することが大切です。そのためには靴を自身の足の形やサイズに合ったものに変えることがもっとも効果的だと言われています。その他、専用のサポーターを利用したり、足裏を中心にマッサージすることも効果的です。早く治すためにオイルを使ったマッサージも有効です。

外反母趾の痛みを取る方法

外反母趾は足に合ってない靴を履いたり、歩き方がよくない場合に起こると言われています。また、筋肉の発達が不十分な場合でもおこることがあります。歩くたびに強い痛みを感じる外反母趾の痛みを緩和させるためには外反母趾を改善することが大切です。外反母趾を改善する方法や再発しないためのトレーニング方法について紹介します。

【1】靴を変える

靴のせいで外反母趾かも

外反母趾の痛みを軽減するなら、まずは靴を変えることから始めましょう。足に合っていない靴を履き続けると痛みが続くどころか、悪化していきます。一般的にハイヒールは外反母趾になりやすいと言われていますが、足に合ったものであればその心配もほとんどありません。そのためにはオーダーメイドやセミオーダーメイドの靴も選択肢に入れましょう。とくにハイヒールや革靴は自分の足に合っていないと外反母趾だけでなく、様々な足の痛みの原因になります。

【2】サポーターをつける

外反母趾を改善するためのサポーターを利用することで痛みを軽減することができます。サポーターで外反母趾ができている部分を保護するので圧迫される痛みが減ります。また、このようなサポーターをつけることで足の間接位置が調節されて、正しい位置に重心を置くことができるようになります。普段からサポーターを身につけることで適正な筋肉がついたり、足裏のアーチがしっかりできてくることも期待できます。

【3】マッサージをする

外反母趾の痛みをマッサージで軽減

外反母趾の痛みを軽減するためにはマッサージも有効です。外反母趾の原因の1つに足の関節の固さや筋肉の強ばりがあります。痛みが出ている場合にはとくに筋肉の緊張が強くなります。この緊張を放置しておくことで、ますます外反母趾の痛みを悪化させます。そのため、外反母趾になった場合には一日に一度は足を十分にマッサージすることが大切です。オリーブオイルやひまし油をオイルを使って行うことで筋肉の緊張はほぐれやすきなります。マッサージのポイントは優しく筋肉をほぐすことと関節の動きがよくなるように刺激することです。

【4】足の筋肉をつける

足の筋肉をつけて外反母趾予防

外反母趾の原因として下半身の筋肉が発達していないことや適正な位置に筋肉がついていないことが上げられます。歩き方でも特徴があり、足の指ではなく付け根に重心をおいて歩くことも外反母趾を誘発させると言われています。そのため、正しい位置の筋肉を刺激することが大切です。正しい位置の筋肉を刺激させることは難しそうですが、実はとても簡単な方法があります。

その方法は壁に背中と腰、足首をつけて立ちます。そのまま前を向いて姿勢を3分から5分キープします。このとき、足の指に意識して力をいれてバランスをとることがポイントです。行う回数は多いほど良いですが、少なくとも一日5回ほど繰り返しましょう。この姿勢を行うことで重心位置が矯正され、また正しく体を支える筋肉がつくようになります。

【5】他の場所に痛みを移す

外反母趾の痛みを一時的に取り除きたい場合は、体のどこか別な場所に痛い箇所を作ることです。手の親指であったり、腕でも良いので外反母趾の痛みと同じくらいか、またはそれ以外の痛みを与えます。そうすると外反母趾の痛みが一時的に和らぎます。この方法は外反母趾があっても数時間だけ、どうしても合わない靴を履かなければならないときなどに有効です。しかし、外反母趾を改善させるものではなく、その場しのぎの方法でしかありません。やはり、基本は外反母趾を悪化させるような靴を履くことを避けて、再発を防ぐために自分に合った靴を履き、正しい体の使い方を会得することです。

PR