痛い!外反母趾ってどうしてなるの?外反母趾の治療方法は?
78views

痛い!外反母趾ってどうしてなるの?外反母趾の治療方法は?

外反母趾って聞くと高いヒールを履いたり、先の細い靴ばかり履いてるからなるって思っていませんか?もちろんそれも大きな理由のひとつですが、それだけじゃないんです!気になる外反母趾の原因と外反母趾の治療方法についてチェックしていきたいと思います!

外反母趾、それは親指が変形してしまい、その親指の方向が小指方向へ曲がってしまう状態をいいます。
その角度は親指とその親指の骨と関節している第1中足骨といわれる骨との角度で判断するそうです。外反母趾ではない人はその角度が15度未満で軽度の人は15度以上20度未満、中度は20度以上40度未満、重度は40度以上と言われているそうです。
では外反母趾の治療はどのようなものがあるのでしょうか?

外反母趾の治療方法は?

靴を見直してみよう!

靴のデザインやサイズを見直す

普段からどんな靴を履いていますか?デザインを重視していませんか?外反母趾はひどくなってしまうと手術といったことにも!その前にまずは普段の生活を見直すことから!でもただ単に幅の広いものを選ぶのはNGだそうですよ。

靴はしっかりと計測をしてもらうことが大切です。そして親指が曲がっていないことを仮定して選び、親指の付け根部分に何も当たらない、縫い目やへりといった凸凹がないものを選ぶといいそうです。

そして靴を買ったお店で器具を使い、その当たる部分を伸ばしてもらうようにしてください。お店でお願いすることで正確な場所を的確に伸ばしてくれますよ!他にも靴の革を伸ばすスプレーなどをつけて、革を柔らかくすることで自分自身の足にフィットするようになり、足への負担も軽くなりますよ!

足の体操をしてみよう!

幅の広いゴムを用意してください。(長さは輪っかにし、両親指を引っかけた状態で親指同士が2~3センチほどの隙間ができるぐらいのもの。)

では床に足を前に出した状態で座り、両親指にゴムを引っかけてください。そしてかかとを合わせ、その状態からゆっくりとかかとを合わせたまま足先を外へと広げます。あくまでもストレッチの意味合いなので指先などに力を入れる必要はありません。1回を5~10秒かけて行い、それを30回行ってください。これを1セットとして1日に3回ほどすることをオススメします!

歩き方をチェックしてみよう!

足に負担がかかっていないか歩き方をチェック

歩き方、大丈夫ですか?実はいろんな治療などをしていてもなかなか改善しない人がいるそうです。そういった方は「歩き方」に問題があるんだとか。ペタペタ歩きになっている人は要注意!ヒールや形の細い靴を履いていなくてもその歩き方で外反母趾の原因になってしまっているかもしれません!

ここでオススメなのがタオルを足の指で”つかみ上げる”というトレーニングです。椅子にすわりタオルを足の指でつかみ上げるのですがこのとき、足の関節をすべて使い深くつかみ上げるようにしてみてください!!これを訓練することで正しい足のアーチを鍛えることができ、痛みも軽減するそうですよ!

最後に

運動不足で子供も外反母趾に!?

外反母趾は実はハイヒールなどを履いている女性だけの問題ではなくなってきているのです。実は子供たちにもその症状がでてきているというのです。これは運動不足からきているそうなのです。小さいときから靴を履いて遊ぶことが当たり前となっている現代、明らかに足の筋肉を使うことが減り、知らず知らずの間に運動不足となっているそうなのです。なかなか裸足で遊ばせるということは難しいかもしれませんが、時々お子さんの歩き方や足の形などをチェックしてあげることをオススメします。外反母趾、ひどくなってからでは遅いですからね。

PR