左胸の外側の痛みがある…もしかすると急性心筋梗塞かもしれません 急性心筋梗塞の症状・原因・治療法
4,578views

左胸の外側の痛みがある…もしかすると急性心筋梗塞かもしれません 急性心筋梗塞の症状・原因・治療法

日本では年間におよそ25万人の方が急性心筋梗塞を発症していると言われています。左胸の外側の痛みを感じる方は、急性心筋梗塞の症状が出ているのかもしれません。初期の対応が生死をわけるとも言われている急性心筋梗塞の症状や原因、どのように治療をしていくのかなどについてご紹介しましょう。

激しい左胸の外側の痛みは急性心筋梗塞の恐れが

左胸の外側の痛みは急性心筋梗塞の恐れ

急に左胸の外側の痛みを感じたり、しめつけられるような胸の苦しみがある場合、急性心筋梗塞の疑いがあります。急性心筋梗塞とはどのような病気なのか、症状や原因、治療法についてご紹介しましょう。

左胸の外側の痛み?!急性心筋梗塞の症状

急性心筋梗塞になると、激しい胸の痛みが15分以上続きます。急性心筋梗塞は、心臓を取り囲む冠動脈と呼ばれる部分の血液が流れなくなる病気で、締め付けられるような痛みを伴います。また、息がしにくくなったり、詰まった感じを覚え、冷や汗が出てくることもあります。

急性心筋梗塞の痛みは、下腹部や上半身におよぶため、胃の病気や肩の病気と勘違いされることもあるようです。急性心筋梗塞の痛みは、かなり強く出ます。前胸部に痛みを感じたら、急性心筋梗塞かもしれないと疑って良いでしょう。

左胸の外側の痛み?!急性心筋梗塞の原因

左胸の外側の痛みがある急性心筋梗塞の原因

なぜ急性心筋梗塞になるのでしょうか?冠動脈の壁にコレステロールの蓄積が原因でできる黄色の肥厚性病変があるのですが、それがストレスや血圧の変化によって破裂し、血栓がつくられることで血管がつまるため起こります。
仕事や人間関係などで強いストレスを受けたり、喫煙や血圧が高くなることによって、急に肥厚性病変が破裂してしまいます。

左胸の外側の痛み?!急性心筋梗塞の治療法

急性心筋梗塞は初期対応がとても大切な病気です。3人に1人は、前兆なく発症するため、突然死に至る危険性もあります。胸の痛みがあった場合、すぐに救急車を呼び、自分で車を運転して病院に向かうことはやめておきましょう。
急性心筋梗塞の初期は、不整脈が起こりやすく意識を失いやすい状態となっています。

急性心筋梗塞で病院へ向かうと、再灌流治療を行います。これは、手首や足の付け根の動脈からカテーテルを通して、心臓のつまった血管を広げて、血液の流れを確保する治療です。心筋に血流を起こすことで、症状が回復し、心筋のダメージを防ぐ効果があります。

急性心筋梗塞の予防法

急性心筋梗塞にならないようにするためには、3つの方法があります。

【コレステロール値を管理する】

急性心筋梗塞は、不安定プラークを作らないことが大切です。不安定プラークは、コレステロール値が上がることによってできてしまうため、毎日の食生活でコレステロールの高い食品をとらないことが予防となります。コレステロール値の管理法は、食事療法の他、スタチン製剤を使う方法もあります。

【血圧管理をする】

不安定プラークができている場合は、それが破れないようにするために、血圧を管理することが大切です。血圧のコントロールをして、ACE阻害薬、β遮断薬、ARB,Ca拮抗薬などの、プラークを安定させるための薬を飲みます。

【抗血小板薬を飲む】

血栓ができないようにするために、抗血小板薬のアスピリンなどを飲むことも大切です。
急性心筋梗塞を予防するためには、毎日の食生活の管理が大切です。急性心筋梗塞を予防する食事についてご紹介します。

左胸の外側の痛み?!心筋梗塞を予防する食事

左胸の外側の痛み?!心筋梗塞を予防する食事

心筋梗塞の予防には、カルシウム、カリウム、食物繊維、n-3系脂肪酸の4つが大切です。カルシウムは牛乳や小魚、大豆製品からとるとよいでしょう。また、カリウムはバナナに多く含まれており、かぼちゃやホウレンソウなどにも多いです。食物繊維はごぼうやひじき、こんにゃくなどからとりましょう。また、n-3系脂肪酸であるDHAとEPAは、あじやさば、さんまなどの青魚から摂取するようにしましょう。

PR