女性は膀胱炎になりやすいのは尿道が短いからだった!
27views

女性は膀胱炎になりやすいのは尿道が短いからだった!

女性は膀胱炎になりやすいのには理由があります。それは尿道が短く、膣や肛門に近いため、菌が尿道口に入りやすいからです。体調不良の時や疲れているときは、身体の免疫力が低下しているため、膀胱炎になりやすくなります。膀胱炎を予防するには、陰部を清潔にし、規則正しい生活、栄養を摂ることです。

女性は膀胱炎になりやすい身体の仕組みとは?

女性は膀胱炎になりやすいのは尿道が短いからだった

女性は膀胱炎になりやすいのは尿道が短いからだった

女性は膀胱炎になりやすいのには、理由があります。

それは男性と比べると尿道が短いという身体の仕組みがあるからです。特に女性は急性膀胱炎になりやすい傾向があります。急性膀胱炎になると、排尿するたびに痛みがあったり、トイレに何度も行きたくなったり、尿の色が濁るなどの症状があります。

雑菌が尿道口に入りやすい!

雑菌が尿道口に入りやすい!

女性の尿道はたった4センチぐらいしかありません。また膣や肛門にも近いため、生理中や性行為後や排便後などは、菌が尿道口から感染しやすいため、膀胱炎になりやすくなってしまうのです。

膀胱炎になりやすい人!

妊婦さんは要注意!

妊婦さんは要注意!

妊娠中は、身体の免疫力や抵抗力が低下しています。そのため、尿道に雑菌が感染しやすくなるため、妊婦さんは特に注意しましょう。

生理用品をこまめに交換出来ない人!

生理中は、こまめにナプキンやタンポンなどの生理用品を交換するようにしましょう。特に接客業や看護師など、なかなかトイレ休憩を取ることが難しい職業の方は急性膀胱炎になりやすい傾向がありますので、注意する必要があります。

出血と蒸れた状態が続くため、、外性器に菌が付きやすくなり、さらに尿道口に感染しやすくなります。経血量が多い時は1時間に1度交換出来ればいいのですが、出来ない時は最低でも3時間に一度交換するようにしましょう。

風邪をひいているときや疲れているとき

体調不良の時や、風邪をひいているとき、疲れているときは、身体の抵抗力が低下しているため、膀胱炎になりやすくなりますので、注意しましょう。

加齢も原因に!

加齢も膀胱炎の原因になりますので、注意しましょう。加齢により女性ホルモンが低下すると、膀胱粘膜が薄くなる傾向があります。すると膀胱に傷が付きやすい状態になってしまうため、膀胱炎になりやすくなります。

予防策があります

予防策があります

性行為後は陰部を綺麗に洗い流す

性行為中はコンドームを付けるようにしましょう。また性行為後はトイレで排尿をすると、菌が尿と共に流れていきます。またシャワーを浴びて陰部を清潔に保ちましょう。この時、石鹸をつけてゴシゴシ洗ってしまうと、傷が付きやすくなりますので、注意する必要があります。

締め付けない服装にする

一日中ストッキングを穿いていたり、ズボンを長時間穿き続けていると、下半身が蒸れやすくなります。

そのため、菌が繁殖しやすくなるため、尿道に雑菌が感染しやすくなりますので出来れば、風通しのよい服装をした方がよいでしょう。特に暑い夏場は蒸れやすいので、ズボンよりはスカートの方がよいかもしれません。

水を小まめに摂り、トイレに行くこと

水を小まめに摂り、トイレに行くこと

膀胱炎を予防するには、尿をよく排出させることです。女性の場合、トイレにあまり行かないようにするために、水分を控えてしまう方も多いかもしれませんが、こうした状態が続くと膀胱炎になりやすくなります。水分は小まめに摂り、尿をたくさん排出させた方が膀胱炎になりにくくなります。

体調管理に気を付けること

膀胱炎は身体が疲れていたり、免疫力が低下しているときにかかりやすくなるため、普段の体調管理はしっかりしておくことです。規則正しい生活、栄養バランスのよい食事を毎日続けるようにしましょう。便秘も膀胱炎になりやすくなりますので、便秘にも気をつけましょう。

PR