鉄分が不足すると貧血に!長期化するとさまざまな体調不良を招きます!
30views

鉄分が不足すると貧血に!長期化するとさまざまな体調不良を招きます!

鉄分が不足すると貧血になるということは、よく知られていますが、貧血状態が長期化することによって、さまざまな体調不良を招きます。精神的にイライラしたり、皮膚にカビが生えてしまったり、動機や息切れなどの症状が出てきます。食事で鉄分を補給したり、酷い鉄分不足には、病院で鉄剤を処方してもらう必要があります。

鉄分が不足するとどうなるの?

ただの貧血でしょ……と思っていたら大間違い

ただの貧血でしょ……と思っていたら大間違い

鉄分が不足すると貧血になってしまうことは、一般的に知られています。

鉄分が不足するのは、ただの貧血だから大丈夫だと軽く考えていてはいけません。鉄分が不足すると、さまざまな体調不良を招く元となってしまうのです。

女性の場合は将来の幸せも奪ってしまうことに!

女性の場合は将来の幸せも奪ってしまうことに!

鉄分が不足することは、女性の健康を奪うことにもなりまねません。

特に女性の場合はただでさえ毎月の月経で多くの鉄分を失う原因にもなるため、普段の食事で鉄分をきちんと取り続ける必要があります。鉄分が不足することによって、ホルモンの分泌が正常に行われなくなってしまうため、生理が来なくなってしまったり、妊娠しにくい身体になってしまうのです。

貧血によって生理が来なくなってしまうと、身体も相当な鉄分が不足している深刻な状態でもあります。放置しておくと、大変なことになります。

こんな症状があれば要注意!

疲れが抜けない!

疲れが抜けない!

鉄分が不足することによって赤血球の中にあるヘモグロビンの数も少なくなります。ヘモグロビンは血液の流れに乗って酸素を運ぶ働きがあるため、身体中の細胞が酸素不足になってしまいます。それによって、身体がだるくなったり、疲れが取れなくなってしまいます。朝起きたら、たっぷり寝たはずなのに疲れが取れないという方は要注意です。

酸素不足状態が続くと……

酸素不足状態が続くと……

鉄分不足が続くと、身体中の細胞も酸素不足になります。

酸素不足の状態が長引くことによって、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が出てきます。また走ったり、階段を上り下りするだけで、動悸や息切れなどの症状も出てきます。血液中のヘモグロビンは筋肉にも送られているため、酸素不足により、筋肉疲労が起こります。

身体に力が入りにくくなってしまったり、肩コリや腰痛がある場合もあります。こうした症状が続くと、舌や口にも炎症が起こりやすくなります。食べ物が飲み込みにくくなってしまうこともあります。

日常生活でも支障が出てきます

鉄分が不足すると、精神的にイライラしたり不安定になってしまうため、学業や仕事に身が入りません。そのため日常生活に支障が出てくることもあります。コミニケーションにも問題が出てきます。

他にもこんな問題が

鉄分が不足することによって、白血球が作られにくくなります。

病原菌への抵抗力が弱くなるため、感染症にかかりやすくなります。深刻な鉄分不足の場合、皮膚にカビが生えてしまう場合もあります。また神経にも影響が出てくるので、触れてもいないのに、皮膚の表面などに針が刺さるような幻覚も出てきます。

食事で予防しましょう

鉄分は毎日食事で補給しましょう

栄養バランスの整った食事を三食、毎日摂ることで鉄分不足を予防することができます。肉の赤身部分やレバー、イワシや青魚、ひじき、大豆などに含まれています。

ビタミンCを一緒に!

ビタミンCを一緒に!

鉄分を摂るときは、一緒にビタミンCを含む果物もいただきましょう。ビタミンCを一緒に摂ることによって、鉄の吸収を高めてくれます。

鉄分配合の栄養補助食品なら簡単に!

独身の方などの場合、なかなか料理する時間がない!という方は、鉄分が配合された栄養補助食品を利用してみるのもよいでしょう。

鉄分入りのウェハースやクッキー、ビスケットなどがドラッグストアで売られているので、こうしたものを取り入れてみるのも一つの方法です。但し、鉄分は摂り過ぎると身体に弊害があるため、一日の上限量を超えないようにする必要があります。

PR