あなたは大丈夫?こんな糖質中毒の症状はありませんか?
99views

あなたは大丈夫?こんな糖質中毒の症状はありませんか?

糖質中毒というのは、無意識のうちに糖質を過剰に摂取し、脳が常に糖分を要求している状態のことで、糖質中毒であることに気付かないまま、糖質の過剰摂取を続けてしまうと、様々な生活習慣病につながったり、シワやたるみなど美容上でも悪影響があると言われています。あなたには、こんな糖質中毒の症状はありませんか?

そもそも糖質中毒とは。

糖質が含まれているのは、甘いものだけではない。

糖質と聞くと、まず思い浮かべるのは、甘いものという人は多いでしょう。

実際に甘い物の中にも糖質は含まれていますが、糖質を含む食べ物には、甘くないものもたくさんあります。ご飯やパン、イモ類なども糖質を多く含む食べ物です。これらを知らず知らずのうちにたくさん食べてしまうと、糖質中毒になってしまいます。

糖質中毒になってしまうと、脳が常に糖質を要求するようになり、過剰な糖質が脂肪に代わって肥満の原因になったり、糖尿病、動脈硬化、などの生活習慣病を引き起こしやすくなるだけでなく、細胞が老化してしまうことから、シワやたるみの原因にもなると言いますから、糖質中毒にならないように気を付けたいものですね。

糖質が含まれているのは、甘いものだけではない。

こんな糖質中毒の症状には要注意。

もしかしたら、糖質を摂りすぎているかも、と思った人は、ちょっと自分を振り返って考えてみましょう。

次の中に、ひとつでも当てはまるものがある人は、糖質中毒になる可能性があります。食事のときは、白いごはんが食べたくなりませんか?白いご飯をお茶碗1杯分食べると、角砂糖を14個分と同じ糖質を摂ることになると言われています。

イライラしたときについ甘いものを食べてしまいませんか?甘いものを欲しくなるのは、一度上がった血糖値が下がるとき、イライラとした気分になるために、無意識のうちに甘いものを食べることで血糖値を上げようとしているためと言われています。

こんな糖質中毒の症状には要注意。

カレーライスやオムライス、丼ものなどを食べる機会が多くありませんか?

これらは、ご飯をたくさん食べてしまう上に、早く食べることができるために、満腹中枢が働く前についつい食べ過ぎてしまうという傾向がありますから要注意です。

料理にソースやケチャップなどの調味料をたっぷりとかけていませんか?

ソースやケチャップには、それ自体に糖質が含まれている上に、料理の上にかけることで味が濃くなり、ご飯を食べたくなってしまいます。

食事の後に睡魔に襲われませんか?

これは、炭水化物のとりすぎにより血糖値が急上昇し、それを抑えるためにインスリンが過剰に分泌されるために起こる低血糖が原因であるかもしれません。

食事の後に睡魔に襲われませんか?

糖質中毒を克服するには?

食生活を見直してみよう。

糖質中毒を克服するためには、甘いものを食べ過ぎないのはもちろんのこと、炭水化物のとりすぎにも気を付ける必要があります。

食事の時の組み合わせとして、麺類とご飯を一緒に食べるのは炭水化物の摂りすぎだとすぐに気が付くかもしれませんが、餃子とチャーハン、天ぷらとご飯、唐揚げとご飯などの組み合わせも要注意です。餃子の皮や天ぷらや唐揚げの衣にも、炭水化物は含まれているからです。

また、食事の際には食べる順番に気を付けるだけでも、糖質の吸収をゆるやかにすることができます。食物繊維を多く含む食品を先に食べると、糖質の吸収を抑える効果がありますから、まずはサラダなど野菜類から先に食べるようにするといいでしょう。

食生活を見直してみよう。

間食を摂る人は、甘いものを避けて、ナッツ類やドライフルーツ、チーズなどに代えると糖質を押さえることができます。

また、清涼飲料水もできるだけ摂らないようにしたいものです。清涼飲料水に含まれている糖質は人工甘味料がほとんどですが、これらの多くはブドウ糖と果糖からできているために、消化の過程を経ずに直接血液に取り込まれてしまい、血糖値を急上昇させる原因となるからです。

糖質中毒を克服することで、生活習慣病にかかるリスクを減らすことができるほか、シワやたるみの防止など美容上でもうれしい効果が期待できますから、食生活を見直すことから始めてみましょう。

糖質中毒を克服することで、生活習慣病にかかるリスクを減らすと共に美容にも良い効果が。

PR