逆流性食道炎でもある胸やけ対策は症状別に対策ができます
45views

逆流性食道炎でもある胸やけ対策は症状別に対策ができます

胸やけ対策には大量の食べ物を食べないことや、激辛食品などを食べないこと、酸味の強い食べ物などを食べないようにすることです。また就寝前に物を食べると寝ているときに胃酸が逆流しやすいので、就寝前はあまり食べないようにすることも大切です。

胸やけ対策はどうすればいいの?

胸やけとは?

e5ba3b6e7ea2766a9c16f60924bb5a65_s胸

胸やけは逆流性食道炎という病気です。
胸やけは、暴飲暴食をした時や、油ものをたくさん食べてしまった時に起こります。
症状としては、胸がやけるような感じや、吐き気などがあります。

食後に起こります

胸やけは何かを食べた後に起こります。
胃の中に胃液が逆流するため、食道壁を刺激したり、傷つけるため、胸がムカムカした感じがあります。
食後は胃の中に食べ物が溜まり、食べ物の上にある食道に近い部分に胃液が溜まるため、満腹状態になるまで食べ物を食べた後は、特に胃液が食道へ逆流しやすくなっています。
そのため、暴飲暴食をした後は、胸やけがしやすくなるのです。

胸やけが起こりやすくなる時

大量に食べ過ぎてしまった時

2baacae09872c312a608cf65ee31a0d4_s lunch ランチ お昼の食べ放題 レストラン 食事 カフェ

胸やけ対策はなるべく一度にたくさんのものを食べないようにすることです。例えば、バイキングなどに行った時、思わず自分の好きなものを限界まで食べてしまうことがあります。
一度にたくさん食べてしまうと胃が膨れてしまうため、食道と胃の境界線が緩んでしまうため、胃液が食道に逆流してしまいます。
胃酸も一緒に食道へ流れてしまうため、胸やけが起きてしまうのです。

激辛食品を食べた時

bc5d8bc947a5aca8fe31ebb105254ca4_s マーボー豆腐 麻婆豆腐 辛い料理 ダイエット 中華料理

刺激のある激辛食品などを食べると、食道の粘膜が刺激を受け、傷つきやすくなります。
胸やけをよくする方は、胸やけ対策として刺激のある食べ物は食べないようにしましょう。

酸味のあるものを飲食した時

lemon-991085_640

酸味のある飲み物や食べ物も胸やけしやすくなるので、注意が必要です。
果物や炭酸飲料などでも胸やけしやすくなります。

お酒を飲んだ時

ce6578575df701addd1d131c3b836d26_s 赤ワインを飲む外国人女性 お酒 飲酒 クリスマス 赤いドレス ネックレス

お酒を飲むと胸やけしやすくなります。アルコール度数が高くなるほど、食道の粘膜を刺激してしまうため、胸やけしやすくなります。

前かがみになった時や、寝ている時

-shared-img-thumb-TAKEBE160224290I9A0418_TP_V睡眠ベッド病気

食後に前かがみになったり、食べてすぐに横になったり、寝る前に飲食をすると、食べた物が食道に流れてしまうため、胸やけが起こることがあります。
胸やけ対策として、食後は前かがみにならないことや、食べてすぐに横にならないことが大切です。

症状別の対策方法について

寝起きに胸やけがする場合

b3819e0d5bff9291e86f6359f67889be_s 睡眠 目覚め 朝 目覚まし 寝起き

寝起きに胸やけがする場合には、前日の夜にお酒を飲んだり、ストレスがある場合に起こりやすい症状です。
夜はアルコールを控えたり、ストレスがある方はストレスの原因をできるだけ取り除き、就寝前はできるだけリラックスしましょう。
胃酸の分泌を抑制してくれる胃薬を就寝前に飲むと効果があります。

食後に胸やけがする場合

食後に胸やけがする方は胃の機能が低下しています。
健康な人の場合、時間の経過とともに胃の内容物を消化していくことができるのですが、胃の機能が低下していると、なかなか胃の内容物を消化することができずに、胸やけの症状が起こります。
食後に胃の運動機能を改善してくれる薬を飲むと胸やけに効果があります。

空腹時に胸やけがする場合

空腹時に胸やけがするときは、胃がかなり胃酸によって荒れている状態です。
食事に気をつけたり、規則正しい生活をする必要があります。
また普段、アルコールを飲みすぎたり、ストレスなどを抱えていると、胃酸が過剰に分泌されてしまうため、アルコールを控え、のんびりとリラックスする必要があります。
胃液が過剰に分泌されているため、胃液を抑える胃薬を飲むとよいでしょう。

PR