働きながらがん治療を両立させていくために必要なこととは?
45views

働きながらがん治療を両立させていくために必要なこととは?

働きながらがん治療を行うために、必要なことはやはり職場の理解を得ることが大切でしょう。これまで正社員として働いてきたのであれば、正社員として会社で残れるかどうか職場にかけ合うことも大切なことです。仕事をやめてしまうリスクは、生活費や治療費がなくなってしまうことです。

働きながらがん治療をする選択肢もあります

仕事をやめてしまうリスクについて

仕事をやめてしまうリスクについて

もしがんになってしまったら、生活面も大きく変わることでしょう。仕事をされている方であれば、仕事をやめてがん治療に専念してしまう方もいるかもしれません。

しかし仕事をやめてしまうとさまざまなリスクがあります。

仕事をやめてしまうと、収入が途切れてしまうため、生活に必要な費用を家族に負担してもらわなければなりません。支えてくれる家族がいればいいのですが、いない場合には、お金の面で困窮してしまうことにもなりかねません。また仕事をやめてしまうと、生きがいや生活面の満足度もなくなってしまうことでしょう。

他にもがんの治療には、お金がかかります。入院や手術、診療代など病院でたくさんのお金がかかります。仕事をしていないと、収入面が途絶えてしまうため、満足な治療も受けることもできないかもしれません。

そこで働きながらがん治療をするという選択肢を選んでみませんか。

職場に残ることができるかを考えてみましょう

職場に残ることができるかを考えてみましょう

がんになってしまったら、まず職場の上司に相談してみましょう。

正社員で働いていた場合、続けて正社員の雇用状態のまま仕事が継続できるかどうかを上司に相談してみるとよいかもしれません。身体の状態にもよりますが、一時、仕事を休業したり、休業後、職場復帰することができるかどうかを相談するとよいでしょう。身体に負担のかからない部署へ変えてもらうことができるのであれば、変えてもらうとよいでしょう。

退職を勧められたら

がんであることを職場に告げたら、退職を勧められてしまう場合や、解雇されてしまうこともあるかもしれません。

そうした場合は、弁護士や社労士など法律の専門家に相談してみるとよいでしょう。

退職したくない場合には、退職したくないと宣言することが大切です。退職届を出すように強要された場合には、内容証明郵便で退職勧奨をやめるように通知しておくとよいでしょう。退職強要が続く場合には、行政や法律の専門家に相談するとよいでしょう。

休養後、再就職するには

がん患者の就労支援システムがあります

がん患者の就労支援システムがあります

休養後や手術療養後、もう一度、仕事をしたいという方は、ハローワークのがん患者のための就労支援システムを利用するとよいでしょう。

がん患者が仕事をしながら働くための支援活動をしているので、身体に負担のかからないデスクワークの仕事や、短時間の仕事などの紹介をしてもらうことができます。

また就労先も最初からがん患者を受け入れるという体制であるため、通院日にはお休みをくれたり、休憩時間を必要なだけ与えてくれるなどの融通が効く場合もあります。

告げた方がいいの?隠した方がいいの?

告げた方がいいの?隠した方がいいの?

がんであることを職場に告げた方がよいのか、隠しながら仕事を続けた方がよいのか迷うこともあるかもしれません。

症状の軽いものであれば、周囲に気づかれずに治療を受けながら就労し続けることは可能なことかもしれません。しかし症状が重い場合には、やはり周囲の理解を得なければ、成り立たなくなってしまい、隠し続けることは困難になります。

一番良いのはやはり周囲の協力を得ることです。職場の仲間や家族の力に支えられて、働くことができる環境ががん患者には必要なことではないでしょうか。

PR