ある日突然告知されたら!?がんの受け入れまでかかる時間は人それぞれ
29views

ある日突然告知されたら!?がんの受け入れまでかかる時間は人それぞれ

がんの受け入れはとても難しい問題でもあります。ある日突然、告知され、驚きや否定したい気持ちで一杯になることでしょう。また悲観的な気分になるかもしれません。時間とともに、心はがんの受け入れを行い、がんについての知識を集めたり、治すためにはどうすればよいのかとがんとともに生きていく覚悟をしていきます。

がんの受け入れまでかかる心のプロセス

人は適応する力を持っています

人は適応する力を持っています

がんは誰もがなる可能性がある病気です。

でも自分ががんであることを告げられたら、ほとんどの方が驚き、悲観的な気持ちになってしまうのではないでしょうか。しかし人の心には適応力というものがあります。

がんであるという事実を受け入れ、それを克服するためにはどうしたらよいのか、本で調べたり、ネットで検索したりするようになるでしょう。がんの受け入れまでは、人によって時間もさまざまです。

すぐに受け入れることができる人もいれば、なかなか自分でがんであることを認めようとしない方もいるかもしれません。しかし、最終的には、人には物事を解決させていこうとする能力や、生存力というものがあります。

つらい気持ちを乗り越えるには

つらい気持ちを乗り越えるには

がんであるという事実に気持ちが押しつぶされてしまうこともあるでしょう。

こうしたつらい気持ちを乗り越えるには、やはり時間が解決するとしか言いようがありません。気持ちが不安になることも、落ち込むこともあるでしょう。思い切り泣いてもかまいません。

気持ちが本当につらくて、日常生活ができないほどであれば、心療内科や精神科に相談するのもよいでしょう。

不安な点は、紙に書き出して整理しましょう

目視化することで受け入れられるかもしれません

目視化することで受け入れられるかもしれません

がんの受け入れはとてもデリケートな問題で、不安なこともたくさんあるでしょう。気持ちが押しつぶされそうになったら、紙に自分が不安に思うことを書き出してみるとよいでしょう。

文字にして問題点を自分の目で見ることによって、それについてどう対処したらよいのか、解決策が浮かびます。また紙に書き出すことによって、自分の気持ちを整理することもできるでしょう。

自分を責めないこと

がんと診断されて、自分を責めてしまうこともあるでしょう。普段の食事の内容が悪かったからとか、不摂生な生活をしていたからなど、自分の心の中でいろいろな原因を探してしまい、自分を責めてしまうこともあります。こうした心の不安を解消するには、家族や恋人、パートナーや友人に自分の心の中にある気持ちを聞いてもらうことが大切かもしれません。

手遅れだったら?

がんの状態がすでに手遅れで、余命宣告を受けてしまうこともあるかもしれません。症状が深刻であるほど、気持ちもかなり落ち込むことでしょう。がんの受け入れはとても難しいことかもしれません。しかし、人間には適応力があります。最終的には、がんであることを受け入れ、自分にできることをやるしかありません。

余命宣告を受けても生き続ける人もいます

余命宣告を受けても生き続ける人もいます

がんが進行していて、すでに手遅れだったり、余命宣告をされても、元気で生き続ける人もいます。

大切なのは、がんであることを受け入れ、毎日を前向きに楽しく暮らすことではないでしょうか。病状の進行はストレス状態も大きな関連性があります。ストレスをため込んだ分だけ、寿命にも大きな差が出てくるのではないでしょうか。

毎日を悲観し続けながら、不安やストレスをため込みながら生き続ける人と、がんを受け入れた状態で、一日一日を楽しもうと前向きに生き続ける人では、一日の重みも違いますし、一日の満足度も違うことでしょう。大切なことは、最後までどう生き続けるかではないでしょうか。

PR