家族のがん治療 どんな治療法があるの?どうやって接すれば良い?
27views

家族のがん治療 どんな治療法があるの?どうやって接すれば良い?

家族のがんがわかったとき、どのような治療法があるのだろうといろいろと調べられることでしょう。がん治療にはどのようなものがあるのか、また、家族ががんとわかった時には、どのように接すれば良いのかをお伝えします。家族のがんの病気について勉強しましょう。

家族が がんだと分かったら?

家族のがんを知るときは、どうすれば助かるのか、どのようにすれば延命できるのか、いろいろと考えられるのではないでしょうか。

日本人の死亡原因の第一位はがんだと言われています。よって、今後いつの日か、家族のがんを知らされることがあるかもしれません。家族ががんになったときにどのように対処すればよいのか、家族のがんの治療法などをご紹介しましょう。

家族のがん 家族のための家族外来も

家族のがん 家族のための家族外来も

家族ががんだと宣告されたとき、家族はこれからどのような治療が始まるのか、どのくらいの寿命があるのか、色々なことを考えます。家族は、患者本人のがんの経過を見守り、看病を続けていくようになります。

患者本人もがんという病気と闘っていかなければいけませんが、家族も同様にがんと闘っているのです。

家族が患者のお世話をすることによって、精神的・心理的にダメージを受けることがあります。そして、抑うつ状態になることもあります。家族が抑うつ状態になる程度は、患者本人と同等、もしくはそれ以上であったりします。がん患者の家族のための、家族外来もあります。

家族のがん どんな治療法があるの?

家族のがん どんな治療法があるの?

がんの治療法は様々なものがありますが、外科治療、抗がん剤治療、放射線治療の3つが三大治療と呼ばれています。がんの三大治療法以外にも、化学療法や免疫療法、温熱療法や健康食品、サプリメントなどの治療法があります。今回は、がんの三大治療法についてご紹介しましょう。

【外科治療】

がんの外科治療は、がんを切って治療をする方法です。手術をする前に検査をしたり、手術前に入院生活の説明があります。点滴やガスによる麻酔をしての手術となり、がんの組織や周囲のリンパ節を取り除きます。

【抗がん剤治療】

抗がん剤治療は、薬によって細胞の増殖を防ぐ治療です。また、がんの成長を遅らせたり、再発を防ぐことを目的として抗がん剤治療が行われることもあります。抗がん剤を数種類組み合わせて使うことによって、治療の効果が高められる場合があります。

【放射線治療】

放射線治療をすることで、細胞の遺伝子に作用します。放射線治療によって、がん細胞を少なくしたり、なくしたりすることができます。放射線治療のメリットは、切らずに治療ができることで、臓器を残すことができます。ただ、副作用などもあり、がんの状態や体調をみながら行う必要があります。

がんの緩和ケアとは?

がんの緩和ケアとは?

がんだと宣告されたとき、その後の人生を自分らしく生きられるように支援することが緩和ケアです。

緩和ケアは、患者本人が生活をしやすくすることを目標としていますが、家族の方のためのものでもあります。体や心のケアをするだけでなく、自宅で療養生活をときに、どのような社会制度を利用することができるのかなども支援をしてもらえます。

家族のがんをどう支える?

家族のがんをどう支える?

家族ががんだとわかったとき、患者本人をどのように支えていけば良いのでしょうか?

まず、がんと死はイコールではないことを知りましょう。がんは死亡原因の第一位ですが、たくさんの方ががんを克服して、以前と変わらない生活へ戻っています。

医療の発達によってがんは治療できる病気になってきています。よって、患者本人へネガティブな言葉をかけすぎず、かといって、はげましすぎず、見守って寄り添ってあげることが大切です。

PR