がん患者のサポートは家族の支えが最も強力です
28views

がん患者のサポートは家族の支えが最も強力です

がん患者のサポートで最も強力なのが、家族のサポートと言えます。親や子供、兄弟がしっかりサポートすることによって、がん患者本人の心の支えや経済的な支えになります。患者会に参加したり、サポートグループの力を借りることによって、がんと向き合って病気と闘うことができます。

がん患者のサポート一番力になってくれるのは?

がん患者のサポート一番力になってくれるのは?

一番サポートしてくれるのはやはり家族でしょう。

自分の親や兄弟、恋人や配偶者のサポートなしに、心の支援や生活の支援を受けることはできません。身近な家族に支えてもらうことが一番大きなサポートだと言えるでしょう

がん患者が受ける心の衝撃

がん患者が受ける心の衝撃

がんだと宣告された時、一番衝撃を受けるのががん患者本人ではないでしょうか。

がんだと告知後のストレスは相当なものです。強いストレスを受けると、誰もが気持ちが落ち込みます。またやる気などがなくなり、これまで行っていた趣味への関心もなくなってしまいます。

やる気や意欲が低下してしまうため、おしゃれをしなくなったり、身だしなみに気を使うこともなくなってしまいます。食欲も低下してしまうため、体重が減ってしまったり、食事の味がわからなくなってしまうこともあるでしょう。また不安感から眠れなくなってしまうこともあります。

患者会に参加する

患者会に参加する

がんの問題を抱える患者会に参加することで、気持ちの整理がついたり、不安感から解放されることもあります。同じ立場の人と気持ちを共有し合ったりい、同感することでがんに対する不安や悩みなどに対する解決策も見つかることでしょう。

サポートグループに参加する

サポートグループに参加する

がん患者をサポートしてくれるボランティアのグループ団体などがあります。こうしたサポートグループに参加することで、がんについての知識を学んだり、治療法にはどんなものがあるかについて、知識を共有し合うことも、意見を述べ合うこともできるでしょう。

精神科でサポートしてもらう

がんである不安を解消してもらうには、自分の不安を人に聴いてもらうことによって解消できることもあります。

家族には心配かけたくないあまり、自分の中で感情を押しつぶしてしまう方は、思い切って精神科でカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。また家族が遠く離れていて、心に抱える不安な気持ちを周囲に話すことができない場合には、専門の心理カウンセラーに話をすることによって、気持ちの整理をすることができるでしょう。

本人に十分な睡眠を取らせてあげることも大切です

本人に十分な睡眠を取らせてあげることも大切です

がんを宣告された後は、大きなショックを受けるため、眠れなくなってしまったり、睡眠障害が長期にわたって起こる場合もあります。

こうした場合も、病院で睡眠薬を処方してもらうことによって、眠ることができます。ぐっすりと眠り、十分な休養を取ることによって、心のストレスを解消することができます。眠った後は、前向きな気持ちになり、がんに立ち向かっていく強い心も芽生えてくるかもしれません。

最終的に家族が身近にいることが大切かもしれません

がんの闘病生活中には、さまざまな感情が溢れだすことでしょう。

何故、自分だけががんになってしまったのかと悲観してしまったり、怒りを感じたり、さまざまな感情を爆発させたくなることもあるかもしれません。

こんなときは、家族が側にいつもついていて見守り続けてあげることが、患者にとって本当のサポートになるのではないでしょうか。患者が話したい時には、話を聞いてあげ、一人になりたいときには、遠くから見守り続けてあげることが大切です。

PR