風邪をひくとどうして中耳炎になるの?中耳炎を予防することはできる?
27views

風邪をひくとどうして中耳炎になるの?中耳炎を予防することはできる?

子どもってよく中耳炎になりますよね。しかも一回なるとなかなか治らない。病院に連れていく親の方が嫌になってしまうことも。中耳炎の仕組みや治療だけでなく、家庭でできる中耳炎を予防する手段を調べてみました。

1度はかかる中耳炎

子どもに多い中耳炎。1歳までにほとんどの子どもがかかるとか。

でもうちの子、かかったことがないのです。それはラッキーだったから?気が付かない事もあるそうですが、子どもの場合、10歳位になるとかかりにくくなるそうです。

でも大人でも調子が悪いと中耳炎になってしまう、という方もいますね。

1度はかかる中耳炎

風邪とセットの中耳炎?!

子どもは風邪をひくとよく中耳炎になってしまう、良く繰り返す、という話を聞きますね。中耳炎とはどのようにしてなるのでしょう。

風邪とセットの中耳炎?!

中耳炎の仕組み

中耳炎には、急性中耳炎と3ヶ月以上治らなかった場合に言われる、慢性中耳炎があります。

痛みや熱、腫れがひどい最初の1週間ほどを急性と呼び、徐々に治ってきている時期を慢性中耳炎、と説明するとわかりやすいかもしれません。

中耳炎は鼓膜の奥に菌が入り、炎症を起こし、うみがたまるのですが、菌は耳の外から入るのではなく、鼻の方から入ってきます。ですから、プールで水が入った、などは関係ないそうです。

中耳炎はどうやって治っていく?

実は中耳炎は、熱が下がったからと言ってすぐ治っているわけではありません。

たまったうみが残っていて、ぼーっとし、耳はあまり良く聞こえていません。

このうみが全部抜けて、きれいになるのに早くて1ヶ月、長いと数か月かかる場合があり、素人判断で通院をやめてしまうと、中耳炎を繰り返すようなことになりかねません。何度も通院するのは大変ですがしっかりと治しましょう。

中耳炎はどうやって治っていく?

どんな治療をするの?

軽い中耳炎、ほとんどの場合は解熱鎮痛剤でも治るようですが、高熱が出ていたり、鎮痛剤では痛みが取れないなど炎症がひどいときは抗生物質を服用します。

また、たまったうみが多い場合は鼓膜を切開して外に排出したり、特殊なチューブを差し込む場合もありますが、何度もできるものではありません。また鼻から空気を送り込み、うみを排出する方法もあります。抗生物質も、長く使えば治りが早くなるわけではない事が分かってきています。

どんな治療をするの?

中耳炎に対して家庭でできること

夜中に耳が痛い、と大泣きされては、おろおろしますよね。中耳炎が疑われたら、ひとまず朝までできることはなんでしょう?

痛み止めと冷やす!

中耳炎の進行はとても急で、昼間は全然大丈夫だったのに!ということが多くあります。

すぐ病院に行けないときは、常備薬の痛み止めを使ってもいいでしょう。子ども用があると安心ですね。いきなり薬はちょっと、と抵抗がある方は、耳の後ろや下を冷やしましょう。改善したら、次の日には病院へ。これでもダメなら救急へ行きましょう。

痛み止めと冷やす!

耳だれは拭いて清潔に

うみがたまって自然と鼓膜に穴が空くと、うみが出てきてしまいます。

耳の外にでてきたこの耳だれは優しく拭き取りましょう。しかし綿棒などで耳の中まで拭くことはしないでください。耳鼻科で吸い出してもらいましょう。鼓膜に穴が空いても自然とふさがりますので心配はありません。

中耳炎を予防するには鼻かみ

これ以上菌が入らないように、鼻水はこまめに出した方が良いので、キチンと鼻をかみましょう。

急激にかまないで、左右別々に優しくかみましょう。小さいお子さんは専用の鼻水吸い器をつかっても。ただし、直接吸ったり、鼻水を容器に貯められない構造の器具は、吸ってあげる方にも細菌が感染してしまう可能性があるので避けましょう。

うみを早く排出するためにも鼻の通りを良くしておくことは、完治への近道です。また、予防にもなりますので、風邪をひいた場合もこまめに鼻水を出すようにしましょう。逆に鼻水をすする行為は中耳炎を悪化させますので、やめましょう。

中耳炎を予防するには鼻かみ

PR