痩せてるのにコレステロールが高い人の理由と対処法
216views

痩せてるのにコレステロールが高い人の理由と対処法

痩せてるのにコレステロールが高い人がいます。コレステロールが高いイコール太っている人と思われがちですが、実はそうとは限らないのですね。こちらでは痩せてるのにコレステロールが高い人の原因と対処法についてお話します。

痩せてるのにコレステロールが高い人の理由と対処法

健康診断などでコレステロール値の高さを指摘された人は、合わせて食事の指導も受けると思います。減量を余儀なくされるため、コレステロールを気にする=太っている人というイメージがあるかもしれません。

しかし、それは必ずしも太っている人だけとは限りません。痩せてるのにコレステロールが高いという人もいます。

以下ではそんな人の原因と治し方についてお話します。

痩せてるのにコレステロールが高い人の原因と対策

コレステロールってなに?

コレステロールとは、簡単に言えば、脂質のこと。

身体には一見良くないように思えますが、細胞膜を生成したり、筋肉を作るもとになっていたりして、生命を維持するために必要な原材料です。肝臓で作られたコレステロールを身体のあちこちへ送る大事な働きをしています。

コレステロール値が高いとどうなるの?

コレステロール値が高いとどうなるの?

コレステロールは生きていく上で不可欠な要素ですが、数値が高すぎると健康被害をもたらします。

例えば、上記に挙げた動脈硬化です。これは動脈に中性脂肪が溜まって血液が流れにくくなる状態のことを指します。これを放置しておくと心筋梗塞や脳梗塞になる恐れがあります。

動脈硬化の危険因子はコレステロールだけではありません。喫煙や飲酒、糖尿病など関係します。ですから、コレステロール値の高さに加えて、ほかの危険因子も重なると、動脈硬化になる可能性が一気に増します。

痩せてるのにコレステロールが高い時の原因

痩せてるのにコレステロールが高い時の原因

まず第一の原因として、“遺伝”があります。

遺伝性の脂質異常がある場合、LDLの分解が苦手なため、ほどほどにしか動物性脂肪を摂取していなくてもコレステロールが高くなります。

牛は野菜を食べているのに霜降たっぷりの身体つきをしていますよね。これは、遺伝因子が関係しているためです。

もう一つ、ストレスも原因になります。不安や心配事、辛さなどを抱え込んでいるとストレスになります。これらを発散しないで溜めこんでいると、何とか乗り切ろうと身体が自己防衛をするようになり、それなりのコレステロールが必要になります。

コレステロールはホルモンの原材料にもなると先で述べましたが、上記のような状態になるとストレスホルモンがたくさん分泌されるため、コレステロールも高くなるのです。

痩せている人がコレステロールを下げる方法

痩せている人がコレステロールを下げる方法

【若ければ運動がおすすめ】

20代や30代の若い人であれば、適度に運動することがおすすめです。ある程度の年齢になると心臓や関節に負担がかかってしまったり、運動だけコレステロールを下げることは難しくなったります。

コレステロールを下げるには水泳やウォーキング、クロスバイクなどの有酸素運動が適しています。筋トレも効果的です。

さらに、筋トレの合間に有酸素運動を行うと、より代謝が上がります。

【食事に気を付けよう】

食事に気を付けよう

痩せているのであれば、食事の量より質にこだわるよう気を付けましょう。摂取するたんぱく質や脂質、ビタミンなどのバランスが良ければ、コレステロール値も安定します。

【ストレスを無くそう】

ストレスを無くすことも大切です。リフレッシュできる方法を見つけましょう。読書や映画鑑賞など夢中になれる趣味を増やすことがポイントです。心の代謝がアップし、身体の健康につながります。

PR