あなたの神経痛に効く薬、見つかりましたか?消炎鎮痛剤から適応外薬までいろいろな神経痛の薬一覧
9,096views

あなたの神経痛に効く薬、見つかりましたか?消炎鎮痛剤から適応外薬までいろいろな神経痛の薬一覧

一口に神経痛と言っても原因も病態もさまざまです。神経痛に効く薬は一般的な消炎鎮痛剤から、意外なあの病気で処方される薬までいろいろな種類のものがあります。あなたが今飲んでいる薬は効いていますか?効かない場合他にはどんな薬が考えられるのでしょうか?

神経痛って?

神経痛は神経を刺激されておこるのでとても痛い

神経痛とは末端神経が刺激されて起こる痛みのことです。原因は不明なことも、病気や怪我がきっかけで神経が傷ついたり圧迫されて起こるものもあります。代表的なものに坐骨神経痛や肋間神経痛などがあります。
神経痛はとても診断が難しく、判別の難しいほかの病気もたくさんあります。神経痛かなと思ったら最低でも一度は専門医の受診をお勧めします。

神経痛の治療法

神経痛の治療にはなるべく早く専門医にかかって原因を知ること

神経痛の治療にはいくつかの段階があります。
神経痛の原因となっている疾患や外傷がある場合はまずそちらの治療を優先します。
原因がない場合や原因が取り除かれた場合は湿布や飲み薬、温熱療法などで治療します。
それでもどうしても治らず、苦痛が強い場合は神経ブロックや外科手術などが適応になることもあるのです。

消炎鎮痛剤

神経痛と診断されると最初に処方されることが多いのが消炎鎮痛剤です。一般的ないわゆる「痛み止め」で、飲み薬ではロキソニンやボルタレン、張り薬ではMS冷シップ、モーラステープなどがあげられます。その名のとおり炎症や痛み自体によく効く薬です。一時的な神経痛なら、消炎鎮痛剤を服用しているうちに苦痛なく軽減してしまうことも多いものです。

しかし、坐骨神経痛や肋間神経痛に消炎鎮痛剤を使うことには2つのデメリットもあります。1つは、消炎鎮痛剤が全く効かないタイプの神経痛もあるということです。もう1つは消炎鎮痛剤はあまりに長期間服用し続けると胃腸などの内臓に負担をかけてしまうということです。依存の危険性もあります。病院などで処方されている場合は医師や薬剤師がこれらの問題点を踏まえて投薬をコントロールしてくれると思います。
しかし、自分で市販の消炎鎮痛剤などで対応している場合は、普通の量で効かなかったり服用が長期にわたったりする場合は一旦中止して医師か薬剤師に相談してみましょう。

憶測で市販の薬を選ばずに専門医で処方してもらおう

神経障害性疼痛治療薬

近年神経痛に効く薬として注目されているのがリリカカプセルなどの神経障害性疼痛治療薬です。国際的にはこちらが神経痛の標準治療薬とされています。神経障害性疼痛治療薬は直接神経に作用するため、一般的な鎮痛剤が効かない痛みにも効果的です。
市販薬にはありませんし、処方薬としても重大な副作用の恐れもあるので、一般的には普通の消炎鎮痛剤が効かないときに処方されることが多いようです。

ビタミンB群

末梢神経を修復したり神経を正常に保つ働きのあるビタミンB12やB1、B6などのビタミンB群も神経痛に効く薬として知られています。
メチコバールなどの処方薬としてだけではなく、神経痛の市販薬にもビタミンb12などが沢山配合されています。ビタミンB群のサプリメントもあります。
神経が傷ついていることによる痛みには効果があります。また、自然界にもある水溶性のビタミンなのでほとんどの場合は副作用や過剰摂取の恐れもありません。
ただし、神経の伝達など、損傷以外の原因の神経痛には気休め程度の効果しかないという欠点もあります。

抗うつ剤や抗てんかん薬

神経痛に抗うつ剤や抗てんかん薬などが効果を現すことがあります。他の薬が効きにくい、びりびりするような痛みに効果的です。
欧米では神経痛に対して広く使われていますが、日本では神経痛のために処方することは承認されていません。ただし、整形外科やペインクリニックなどで他の薬が効かないときに自費で処方してもらうことはあります。

PR