女性が発する加齢臭の場所はどこ?これで安心の臭い対策も!
200views

女性が発する加齢臭の場所はどこ?これで安心の臭い対策も!

加齢臭と言えば、中年の男性の体臭をイメージしますよね。近づくだけで「うわっ」っと臭ってくることがあると思います。でも、女性にも加齢臭はあるんです。こちらでは、女性の加齢臭の場所と臭い対策についてお話しします。

女性が発する加齢臭の場所はどこ?

加齢臭と言えば、中年男性が発する体臭と思われがちですが、実は女性にもあります。しかも、早い人だと20代から臭う、なんてことも。そんな若いうちから加齢臭があるだなんて、ショックですよね。

加齢臭の場所とは、主にどこら辺なのでしょうか?

これでもう安心!という加齢臭の対策まで、詳しくご紹介します。

女性の加齢臭対策

女性の加齢臭はいつから?

女性の場合、ホルモンの分泌に伴って体臭が発生します。ホルモンの分泌は20代がピークになるため、臭いの強い人はその頃から発することがあります。

そして、30代以降、ミドル脂臭と言われる臭いを発するようになり、50代以降は加齢臭に変わっていきます。

30代以降のミドル脂臭ってなに?

30代以降のミドル脂臭ってなに?

30代以降きつくなる体臭をミドル脂臭と言います。これは、乳酸がブドウ球菌に分解されることで発生するジアセチルという物質が原因です。女性ホルモンの分泌量が減ることが関係しています。

臭う場所は、汗に含有する乳酸が多く分泌されるところからで、後頭部や首の後ろから発せられます。

女性ホルモンの分泌量には、生活習慣が関わっています。ストレスの多い状態だったり疲労が蓄積していたり、野菜不足で脂質の多い食事ばかりしていたりすると、引き金になります。

ミドル脂臭は、古いサラダ油やろうそくの臭いに似ています。汗が焦げたような臭いに例えられることもあり、かなり強烈です。

例えるなら、口臭の1.4倍、足の1.5倍の臭いになります。

ミドル脂臭がどれほど人に不快感を与えるかが分かりますよね。

50代以降の加齢臭ってなに?

50代以降の加齢臭ってなに?

50代以降きつくなる体臭を加齢臭と言います。これは、脂肪酸が酸化することで、ノネナールという物質が発生することが原因です。

臭う場所は、脂肪酸を分泌する皮脂腺の多いところからになり、頭皮や顔、耳や首のうしろ、胸や背中から発せられます。

加齢臭は、熟成されたビールの青臭さや天ぷらを作って数日経った時の油の臭いに似ています。

早い人は40代から発するため、ミドル脂臭と重なって、かなり体臭がきつくなります。

ミドル脂臭の対策

ミドル脂臭の対策

ミドル脂臭を無くすには、乳酸の発生を抑えることがポイントです。乳酸は、疲労やストレス、運動不足などによって発生します。

具体的な対策としては、疲れをしっかり取ったり、運動をしたり、お風呂で汗をかいたりすることが挙げられます。

女性ホルモンの分泌を促すこともひとつです。加齢によって分泌量は減っていくため、老化を防止するよう抗酸化作用のある食品を食べると良いでしょう。

抗酸化作用のある食べ物とは、ビタミンEが多く含まれているものです。鮎や鯛、うなぎやいくら、ナッツ類などがおすすめです。

加齢臭の対策

加齢臭の対策

加齢臭を無くすには、酸化を食い止めることがポイントです。ストレスを溜めたり脂っこい食事ばかりしていると酸化しやすくなるため、気を付けるようにしましょう。食事は、和食が適しています。他にも、柑橘系やカテキン入りの緑茶はおすすめです。

酸化を防ぐためにアルカリ性の食品を食べるのも良いでしょう。アルカリ性のものとしては、海藻類やきのこ類、大豆製品やナス、バナナなどがあります。肉類や米類、スイーツ系は酸性食品なため、控えた方が良いでしょう。

また、デオドラントスプレーやシート、抗菌石鹸もおすすめです。抗菌力の強い洗剤で衣類を洗濯するのもかなり効果的です。

PR