使い方次第では膝を悪化させてしまうかも!?膝のサポーターの効果とは?
24views

使い方次第では膝を悪化させてしまうかも!?膝のサポーターの効果とは?

膝は年齢を重ねるほどに痛みや支障が来る部分でもあります。特に女性は、男性よりも膝を悪化される方が多く、悩みを持つ方が多くいらっしゃいます。その場合、膝のサポーターをして痛みを軽減させようと思われがちですが、膝のサポーターの効果はあるのでしょうか?膝の痛みとサポーターの関係についてまとめました。

膝の痛み、それは多くの女性の悩みです。

膝の痛み、それは多くの女性の悩みです。

膝の靭帯を損傷したり、水が溜まってしまったり・・・膝も毎日使われていて、体重が増えれば、その分負担も多くなったりして、年齢とともに痛みが増したり、何かとトラブルが発生する部分でもあります。

もちろん、膝に痛みを発生させる原因は色々とあります。その原因によって、サポートをした方が良かったり、きちんと治療をしなければならなかったりと、ひとえに「膝の痛み」と言っても、その対処法はさまざまです。

今回は、膝の痛みと膝のサポーターの効果の関係性について調べていきましょう。

あなたの膝の痛みの原因はなんですか?

あなたの膝の痛みの原因はなんですか?

年齢とともに、膝の骨の間にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減ってしまい、そのために膝の関節に負担が生じることが多くなります。

特に、男性よりも女性の方がこのような原因を抱えている人が多いのです。一方で、スポーツや歩行が原因で、膝の靭帯を損傷させてしまったり、膝に負担を掛け過ぎることによって、膝に水が溜まってしまったりすることもあります。

普段、歩行だけではなく、家事をしている女性においては、膝に負担をかけてしまうような行動になってしまうこともあり、特に、痛みを増加させてしまうのです。

膝のサポーターはするべき?しないべき?

膝のサポーターはするべき?しないべき?

膝が痛いとなると、すぐにサポーターをした方が良いのではないか、と思われがちです。

実際に、多くのスポーツ用品店やインターネットなどで、膝のサポーターは種類が多く販売されています。それだけ、需要が多い部分であることが分かるでしょう。

膝が痛い、ということで、やみくもにサポーターをすればよいかと言われると、実際にはそうではないのです。

そこで、膝のサポーターの効果があるケースはどういったものなのかをまとめていきましょう。

膝のサポーターをした方が良い場合とは?

膝のサポーターをした方が良い場合とは?

多くの場合、膝の痛みが重症化している、スポーツをするときには必ず膝が痛い、膝が痛くて歩くのが苦痛という場合には膝のサポーターをした方が良いでしょう。

膝のサポーターにもタイプがありますが、こういった場合には、しっかりと固定出来るような支柱付き装具のサポーターをした方が良いです。

痛みを生じさせる原因は様々ありますが、基本的には膝の関節がずれたりしたときに痛みを生じることが多いため、そのずれを抑える効果を必要とする場合には、このようなサポーターをした方が良いです。

膝のサポーターをするのを考えた方が良い場合は?

膝のサポーターをするのを考えた方が良い場合は?

普段の生活において、少しの違和感がある、ちょっとだけ痛みを感じることがある、といった場合ですぐにサポーターをすることは考えた方が良いでしょう。

特に、支柱付き装具のようなハードなサポーターは避ける方が無難です。

と言うのも、それをすることで、本来ならもう少し筋肉をつけなければならない場合であったり、サポーターをすることで、歩くのに何かしらの違和感を感じるようであれば、あまり良いとは言えないからです。

サポーターをすることで、痛みがなくなった、普段以上に歩けるようになった、というような場合には、サポーターをした方が良いかもしれませんが、少しでも違和感を感じるようであれば、あまりサポーターに頼らない方が良いかもしれません。

痛みがまだまだ少ない時には、サポーターといっても、膝の筋肉の保温を目的としているものが良いでしょう。

PR