食べ過ぎて消化不良になったときの対処法 消化不良時の対策方法
40views

食べ過ぎて消化不良になったときの対処法 消化不良時の対策方法

食べ過ぎて消化不良になると、胃が痛んだり吐き気が起こったりします。おいしいものは、ついつい食べ過ぎてしまうのではないでしょうか。消化不良になって苦しいときに、どのような対策をとれば良いのかについてご紹介しましょう。

食べ過ぎちゃった!どうやって対処すれば良い?

食べ過ぎて消化不良になると、苦しくなったり気分が悪くなったりとたいへんですよね。食べ過ぎが起こる原因や食べ過ぎた時の対処方法についてご紹介しましょう。

なんで食べ過ぎてしまうの?

なんで食べ過ぎてしまうの?

食べ過ぎが起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?ついつい食べ過ぎてしまいがちなパターンについてご紹介します。

【ストレスによる食べ過ぎ】

悩みや心配事があるときに食べ過ぎてしまうという方は、ストレスが原因で食べてしまっている可能性があります。ストレスがたまることで、甘いものを食べすぎてしまうのは、脳がブドウ糖を欲しているからです。脳内疲労が起こると、無意識のうちにエネルギー源となるブドウ糖を得よというメッセージが送られ、甘いものが食べたくなってしまいます。

【1日1食などダイエットによる食べ過ぎ】

朝や昼などは置き換えのダイエットフードを食べ、夕食だけ食事をしっかりととっている方が陥りやすいのがダイエットによる食べ過ぎです。ダイエット中の方は、脳がその1食でエネルギーを吸収しようと、食べ過ぎてしまいます。

【お酒の飲みすぎによる食べ過ぎ】

お酒を飲むことによって、脳の中枢神経が軽く麻痺してしまいます。これによって、食べるのをやめなさいという指令が出なくなってしまうのです。お酒を飲むことによって、インスリンの効き目が悪くなり、食べることに歯止めが利かなくなるため満腹を感じにくくなります。

食べ過ぎたときの対処法【ストレッチ】

食べ過ぎたときの対処法【ストレッチ】

食べ過ぎてしまったときには、胃腸の動きをよくするためのストレッチ運動をしましょう。食べすぎ対策としてのストレッチ運動をご紹介します。

①正座をします。
②両手を上にあげて、後ろにそのまま倒れていきます。
③頭の上にあげた手を組みます。
④そのまま伸びをして、10秒間キープします。

食べ過ぎたときの対処法【ツボ押し】

食べ過ぎたときの対処法【ツボ押し】

食べ過ぎたときには、胃や腸の動きを活発にするツボを押して対処しましょう。胃腸を活性化するツボを2つご紹介します。

・合谷のツボ
親指と人差し指が交わる部分にあるツボです。合谷のツボを押すときは、手を少し開き気味にすると押しやすいです。親指にグッと力を入れて、ぎゅーっと押していきます。

・中かんのツボ
お臍からみぞおちの中間部分にあるツボで、体の中心線上に位置します。中かんのツボを押すときは、息をゆっくりとはきながら押していきます。

食べ過ぎたときの対処法【消化に良い食べ物をとる】

食べ過ぎたときの対処法【消化に良い食べ物をとる】

食べ過ぎたときには、消化を促進する食べ物をとりましょう。消化促進の食べ物をいくつかご紹介します。

【すりおろし大根】

大根には、タンパク質や脂質を消化させる酵素が含まれています。酵素の力を一番発揮できるのは、生の大根を食べることです。おろした大根が、からいため苦手という方は、ポン酢やしょうゆを少しかけて食べると良いでしょう。

【100%ジュース】

りんごとパイナップルは、消化を助ける働きがあります。できれば、生のりんごとパイナップルをミキサーにかけて絞ったものがベストですが、無理な場合は100%と書かれているフルーツジュースを選ぶようにしましょう。

【コーヒー】

コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインにはクロロゲン酸が含まれており、これには消化を手助けする作用があります。

PR