あらかじめ対策しよう!抗がん剤の副作用とは
47views

あらかじめ対策しよう!抗がん剤の副作用とは

がん治療はがんとの戦いであると同時に抗がん剤の副作用との戦いです。どういった副作用がいつあらわれるのか知っておくことで心構えすることができます。薬物療法と副作用は切っても切れない関係。抗がん剤の副作用について紹介します。

がん治療ってどんな治療?

がん治療ってどんな治療?

がんの代表的な治療法とは

がんの治療法として代表的な治療法は手術療法と放射線療法、薬物療法の三つが挙げられます。

以前は手術療法ががん治療の主流でした。しかし、技術の進歩によって近年はがんのステージや場所によって一番適切な治療法の選択ができるようになりました。

がん治療それぞれのメリットデメリット

手術療法はがんの病巣や転移を切り取る治療法。転移がなければ一気に完治する可能性が高い治療法です。しかし、メスを入れるため身体への負担も大きく傷の治癒にも時間がかかります。がんができた位置によっては手術が不可能であったり、臓器や身体の一部を失うことも問題です。

一方放射線療法はがんの病巣に放射線をあててがん細胞を死滅させる治療法。検査技術が進歩してがんの大きさや位置が正確にわかるようになりました。そのため放射線治療の効果も格段に上がりました。デメリットとして放射線の影響で炎症や放射線障害があります。

薬物療法は抗がん剤を使用してがん細胞を死滅させたり、転移を抑える治療法です。手術療法や放射線療法はがんに対して局所的なアプローチしかできません。しかし薬物療法なら広範囲に治療の効果を与えることができます。そのため転移の可能性が高いときや、血液やリンパのがんの治療に使われます。

抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用

抗がん剤の種類とその効能

抗がん剤は治療するがんの種類やステージによって様々な種類があります。

点滴や注射で投与するものが中心ですが、錠剤やカプセルといった飲み薬での治療もおこなわれます。薬物療法に使われる薬は肝細胞の増殖を抑える薬やがん細胞のDNAを破壊する薬、細胞分裂を止める薬など様々です。

がん治療に使われる薬は増殖する細胞に影響を与える薬。その効果はがん細胞だけに限定されません。皮膚や髪の毛など細胞が分裂、増殖することで機能を維持する期間にも影響を与えます。

これを薬物有害反応といって、抗がん剤の副作用の原因です。とくに分裂が早い口の粘膜や血液細胞は影響を受けやすいといわれています。

抗がん剤の副作用の対処法

抗がん剤の副作用の対処法

抗がん剤の副作用として多いのが嘔吐や脱毛、口内炎、貧血などです。がん治療を続けるためには副作用とも戦い続けなければなりません。主な副作用の種類と対応策について紹介します。

脱毛

抗がん剤の副作用としてよく知られているのが脱毛です。

抗がん剤治療を始めてから2~3週間程度であらわれるといわれ個人差はありますが、体毛が抜けていくことがあります。全身治療になるため、全身の体毛に脱毛の影響が出ることがあります。特に髪の毛の場合は女性に精神的なショックを受けることが多いので前もって帽子やウィッグを準備しましょう。抗がん剤の投与が終われば髪はまた生えてきます。悲観せずに一時のことと割り切ることが大切です。

吐き気や嘔吐

抗がん剤の治療によって起こる吐き気も深刻な副作用です。

あまりに強い吐き気が起きるときは医師に相談し吐き気止めの薬を処方してもらってください。吐き気があっても食べやすいゼリーなどの食品をあらかじめ用意してもいいでしょう。症状が出ていても栄養や水分の補給は欠かさないように注意してください。

感染症

抗がん剤の使用により白血球の数も減少します。

その結果病原菌に抵抗する力が弱まって感染症を引き起こすことが予想されます。風邪や肺炎などにもかかりやすくなるため手洗いやうがいを欠かさないようにしましょう。さらにインフルエンザにかかってしまうと治りにくいので前もってワクチンの摂取を医師に相談してください。

抗がん剤の使用により白血球の数も減少します。

PR