食べているのに太れないのは病気?考えられる病気と症状
100views

食べているのに太れないのは病気?考えられる病気と症状

ダイエットをしているわけでもなく、きちんと食事をとっているけれど太れない時には病気が隠れている可能性があります。例えば胃下垂や下痢、寄生虫など。ここでは太れない時に考えられる病気や症状、改善方法について解説します。

太れない病気・原因とは?

胃下垂

胃下垂 太れない時に考えられる代表的な病気が胃下垂です。

胃下垂とは、胃が正常な位置よりも下へ垂れ下がってしまっている状態です。しかし胃の上部は正常な場合と変わらず下部だけが下へさがるため胃が伸びた状態になります。 胃下垂になると、太れないほかにお腹の膨満感や少食、食後のむかつき、食欲不振といった症状が現れます。胃の中に食べ物が長く残るため胃酸の出過ぎによる胃酸過多、胃炎、胃潰瘍の恐れも。

腸の汚れ

be6c12fdce56ab835fa328ad3d6c789a_s サイドプランク サイドブリッジ エクササイズ トレーニング 運動

栄養バランスを考えた食事をきちんと食べているけれど太れない、筋トレをしても筋肉がつかないという場合は腸の汚れが原因の可能性も。食べたものの栄養素は腸から吸収され全身へ運ばれてエネルギーや体をつくる元として使われますが、吸収がうまくできなければせっかくの栄養素はすべて排出されてしまいます。

寄生虫

寄生虫

現代の日本では衛生状態が非常に良くなったため、可能性はとても低いですが寄生虫が原因で太れない場合もあります。不衛生な状態で生活を続けており、急に痩せてきた、激しい腹痛や嘔吐、下痢などの症状が出れば寄生虫が原因ということも。 現在小学校では定期的な検査が行われており、大人で心配がある場合には病院で寄生虫の検査をうけることではっきりします。

太れない症状を改善するには?

胃下垂の治療・改善方法

胃下垂の治療・改善方法

胃下垂は初期の状態で見つかれば特別な治療をせず、規則正しい生活や腹筋運動を行い、脂肪をつけることで改善ができます。というのもこれらによって胃が正しい位置に押し上げられるためです。 しかし、胃下垂が元で胃アトニーになった場合胃の筋肉の緊張が低下して働きがにぶくなっているため、病院での診察を受けることをおすすめします。

腸の汚れ改善方法

腸の汚れ改善方法

まずは便秘を解消する必要があり、そのためには代謝に欠かせない酵素をしっかりとることです。

酵素は生野菜やフルーツ、発酵食品に多く含まれており毎日の食事の中へ積極的に取り入れましょう。そして、酵素の無駄遣いになる食べ過ぎやインスタント食品の多用は避けます。 また、プロの手による腸マッサージを受けてスッキリさせるのもひとつの方法。自分でお腹を「の」の字を書きながら押さえていくやり方を続けても良いでしょう。

太りたい時の生活のポイント

実は、太った人がダイエットしてやせるよりも痩せた人が太る方が何倍もつらくて大変といわれます。実践する時は無理をしすぎず、適度に行いましょう。

食事に発酵食品をとりいれる

食事に発酵食品をとりいれる

ヨーグルトが整腸作用に役立つとされていますが、日本人の体質的に合わない人もいます。本来、大豆製品を中心として生活してきた民族のため、大豆発酵製品である納豆や味噌などを積極的に摂った方が体には合います。調理がいらない納豆を食事にプラスすることはとても簡単なためすぐにでも始められます。

軽く体を動かす

軽く体を動かす

太れない原因のひとつに食欲不振がありますが、消費カロリーが増えないことも関わっています。

そのため少しでも体を動かして消費カロリー量をあげれば摂取カロリーも増え、その結果食べられる量も増やせるようになります。この時選びたい運動は激しいものではなく、気持ちよく呼吸をしながら体を動かせること。あまりに辛いスポーツでは長続きせずすぐにやめてしまう可能性があります。まずは近所の散歩程度からはじめてみましょう。

PR