【気になる】病気?単なる遺伝?低身長の原因についてまとめてみた!
47views

【気になる】病気?単なる遺伝?低身長の原因についてまとめてみた!

なぜ自分は身長が周りに比べて低いのか、なぜ自分の子供の身長が低いのか考えたことはありませんか?低身長の原因には病気によるものや、生活習慣によるものなど多くの要因が関係しています。ここでは、低身長の原因にどのようなものがあるのかということや、生活の中で改善していけるようなポイントをご紹介します!

低身長の原因は実に様々!

身長が低い、高いというのはどんな世代の方でも話題に取り上げるコトだと思います。

子供の頃は特に身長について比べたり、評価したりということが多いと思います。親の立場からしても自分の子供の身長が周りより高かったり、低かったりすると心配になったり気になるポイントだと思います。高身長というのはステータスとして扱われることが多いですが、低身長はどうなのでしょうか。

低身長になってしまう原因についてまずはまとめていきたいと思います。

成長に必要なホルモンが不十分であること!

成長に必要なホルモンが不十分であること!

身長が伸びることに関して、成長ホルモンと呼ばれるホルモンや、甲状腺ホルモンと呼ばれるホルモンが関連しています。

これらのホルモンの分泌が不足してしまうと、低身長になってしまいます。成長ホルモンの分泌不足については「成長ホルモン分泌不全性低身長症」、甲状腺ホルモンの分泌不足については「甲状腺機能低下症」という呼び名で呼ばれています。

成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるホルモンで骨の発育を促す働きがあります。分泌不足は何らかの原因で下垂体が損傷してしまっている場合などに引き起こされます。甲状腺ホルモンは、喉にある甲状腺から分泌されます。このホルモンも骨を成長させる働きがあります。甲状腺や、甲状腺に指令を出す下垂体に何らかの異常がある場合に分泌不足になります。

染色体の異常によるもの!

染色体の異常によるもの!

この原因は、いわゆる遺伝というものです。染色体の異常については、「ターナー症候群」と呼ばれるものや、「プラダー・ウィリー症候群」と呼ばれるものがあります。

ターナー症候群というのは、女性が持つX染色体に欠損がある場合に引き起こされます。低身長だけでなく難聴になるなどの合併症も多くなります。

プラダー・ウィリー症候群は、15番染色体に欠損が見られることによって引き起こされるものです。発達障害などを伴うことがあります。

生活習慣による影響!

生活習慣による影響!

日本人の平均身長は昔に比べてどんどん伸びています。

これは食生活の欧米化が進んだことや、生活習慣が大きく変わったということが原因と考えられています。生活習慣が原因の低身長については、自分の力である程度身長のために努力ができる原因です。身長の低さに悩んでいるという方は、自分の生活習慣を見直してみて下さい。

生活習慣を見直して憧れの理想慎重に近づこう!

身長の伸びというのは遺伝的な関わりが非常に強い部分です。どんなに努力をしても必ず身長が伸びるというわけではありません。しかし、何も頑張らないよりはましですよね!少しでも自分の理想の体型に近づきたいなと思ったら是非試してみて下さい!

食生活はとっても重要!

食生活はとっても重要!

身長を伸ばすためには多くのエネルギーが必要です。

食の欧米化が進んだことによって日本人はエネルギーを摂取しやすくなりました。多くの栄養をバランスよく食べることによって身長を伸ばすためのエネルギーをまかなうことができます。特にたんぱく質やカルシウムなど成長に直接かかわる栄養は十分に摂るようにしてください。

早寝早起き!夜更かしは禁物!

早寝早起き!夜更かしは禁物!

常識的なことかもしれませんが、成長ホルモンは夜の寝ている間に多く分泌されています。このホルモンが大量に分泌されている時間のことをゴールデンタイムと呼びます。より多く分泌させる場合には、この時間帯には睡眠の状態になっていなければいけません。ゴールデンタイムは22時から2時の間と言われているので、この時間帯には布団に入って寝ているようにしましょう。

PR