夏に急増する熱中症!熱中症の応急処置はどうすればいいの?
28views

夏に急増する熱中症!熱中症の応急処置はどうすればいいの?

熱中症の応急処置は脱水症状が起こっているので水分と塩分を摂ることが重要です。涼しい場所に移動させ、横になって休ませましょう。また体温が高くなってしまっている場合は、冷たいもので首や脇の下を冷やしましょう。意識がない場合、自分で水分を摂れない場合、応急処置をしても改善しない場合は救急車を呼びましょう。

熱中症のサインを見逃さないこと!

熱中症の症状とは

 熱中症の症状とは

熱中症の症状には、身体がふらついてしまったり、眩暈などが起こります。熱によってけいれんの症状が出たり、意識を失ってしまったり、体温が高くなってしまうこともあります。

熱中症で死亡してしまうこともありますので、応急処置をしても、症状が回復しない時は救急車を呼ぶ必要もあるでしょう。

なりかけのサインがあります

なりかけのサインがあります

熱中症になりかけのサインがあります。暑い中、吐き気や頭に痛みがある場合には、熱中症を疑いましょう。このくらいならまだ大丈夫だと甘く見ていると、症状が悪化してしまう場合もあります。熱中症は甘く見ず、すぐに対処するようにする必要があります。

甘く見過ぎると死の危険もあります

甘く見過ぎると死の危険もあります

熱中症は甘く見ていると死の危険もあります。

暑い場所で長時間過ごすことによって、身体から多くの水分が奪われて行きます。またそのような場所にいるにも関わらず、水分補給をしていないとさらに熱中症になりやすくなります。

脱水症状が進むと、意識がなくなり、体温調節機能もうまく働かなくなってしまいます。すると体温が高くなり、身体の細胞に異変が起こり、破壊され、身体の機能が働かなくなってしまうことにより死亡してしまう場合もあります。

熱中症の応急処置について

初期のうちに応急処置対策をしましょう

熱中症だと感じたら、まず涼しい場所に移動するようにしましょう。日差しの照りつける暑い場所にいる場合には、日傘を差したり、帽子を被るようにしましょう。

またこまめに水分を取りましょう。汗をかくことによって体内の塩分も失われて行くため、塩飴などを舐めるようにするとよいでしょう。スポーツドリンクで水分補給してもよいのですが、糖分がたくさん含まれているため、あまり飲み過ぎないようにしましょう。経口補水液で水分補給をしてもよいでしょう。

夏場のレジャーは手作りの経口補水液を持って行こう

夏場のレジャーは手作りの経口補水液を持って行こう

市販の経口補水液もありますが、自分で作ることも出来ます。

夏場のレジャーに手作りの経口補水液を持ってお出かけしてみてはいかがでしょうか。作り方は簡単で1Lの水に3グラムの塩と40グラムの砂糖を入れるだけで出来ます。水筒に氷を沢山入れた状態で冷やして持っていくとよいでしょう。

失神してしまったら

熱中症で倒れてしまったら、脳に血液が回りにくい状態になっているため、涼しい場所で休む必要があります。横たわり、足を頭より高く上げた状態で休むようにしましょう。

手足の痙攣が起こってしまったら

手足の痙攣は熱痙攣と言って、塩分が身体に足りない状態です。

大量の汗をかいた後、水分は補給したにも関わらず、塩分を全く取っていないと、熱痙攣が起こり易くなります。熱痙攣の応急処置は塩分を摂ることです。生理食塩水を飲むか、ない場合には1Lの水に9グラムの塩を入れて生理食塩水を作って飲ませましょう。塩分補給することで、回復させることが出来ます。

熱疲労を起こしたら

熱疲労とは、大量の汗をかいた後、身体が脱水症状を起こしてしまい全身がだるく、吐き気や頭痛がある状態です。脱水症状によって脳に血液が送られにくい状態になっているため、熱疲労を起こしたら、身体を横にさせて休ませましょう。休む時は、足を頭より高く上げて休むようにしましょう。

体温が高く意識障害を起こしてしまったら

体温が高く意識障害を起こしてしまったら

重度の熱中症の場合、脱水症状の他にも、熱が身体にこもってしまい体温が高くなってしまう場合があります。また意識を失ったり、言動もおかしくなる場合があります。

非常に危険な状態であるため、救急車を呼ぶ必要があります。応急処置は、まず体温を下げることです。首や脇の下に冷たい濡れタオルなどで、まず冷やしましょう。

熱中症の応急処置を行っても回復しない時は?

応急処置を行ったのにも関わらず、症状が回復しない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。意識がない場合や、自分の力で水を飲むことも出来ない場合は、病院での救急処置が必要になります。

PR