気温が低くても熱中症になるって本当?熱中症は暑さだけじゃないんです!
42views

気温が低くても熱中症になるって本当?熱中症は暑さだけじゃないんです!

暑い夏がやってくると、合わせて熱中症のニュースが頻繁に流れます。熱中症というと、日差しが強く暑い日で起こる気がするかもしれませんが、実際には、気温が低くても熱中症にかかるケースがあるのです。では一体どうして気温が低くても熱中症にかかるのでしょうか。熱中症にかかるメカニズムを調べてみました。

暑い日だけじゃない!熱中症になる条件とは?

暑い日だけじゃない!熱中症になる条件とは?

近年、夏になると必ず熱中症のニュースを耳にしますよね。けれど、実際には気温が低くても熱中症にかかってしまったり、屋内にいても熱中症になったというケースがあります。

熱中症は危険だから、直射日光の当たらないところにいるように心がける、水分をこまめに補給するというような予防法は知っていても、どういった条件が熱中症になるのかについて詳しくは知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは、熱中症になる条件、原因について調べていきましょう。

熱中症とは?どういった症状が現れる?

熱中症とは?どういった症状が現れる?

熱中症とは、暑いとき、日差しが強いとき、運動しているとき、そのほかにもいろいろとした環境条件があり、そういった条件のときに、体内の温度調節をする機能が低下して、体温調節ができなくなってしまったり、水分が不足して脱水状態になっているときなどに、けいれんやめまい、頭痛や吐き気などを起こすことを言います。

いくら暑い場所にいたとしても、脱水症状を起こさずに、汗をかいて体温を調整することができていれば、熱中症にはなりません。

環境の条件と身体的な負担が重なるときになります

環境の条件と身体的な負担が重なるときになります

環境条件の中には、気温が高いとき、炎天下のときなどに加えて、湿気があるとき、あるいは無風でいるときなども熱中症になる場合があります。炎天下や気温が高いときは、体温も上昇してしまいますが、そのときに体温を調整する機能が低下していたら熱中症になります。

風がない時なども、体温を冷やすことができないため、水分などを摂らないでいると、体温調整がしずらくなってしまいます。また、湿気が多い時にも、汗が蒸発しずらく、汗をかくことで体温調節をすることができなくなるために、熱中症になりやすいと言われています。

気温が低くても熱中症になるのはなぜ?

気温が低くても熱中症になるのはなぜ?

熱中症は、気温が高い低いにかかわらず、条件が合えばかかってしまう可能性があります。気温が低くても熱中症になる原因はなぜでしょう?また、気温が低くても熱中症にならないためにはどのようにする必要があるでしょうか?

気温が低くても熱中症になる原因は?

気温が低くても熱中症にはなります。前述のように、体内の温度を調節することがしずらい条件であれば、気温はあまり関係ありません。気温が25℃以下であったとしても、湿度が80%以上ある場合には、熱中症の危険があります。

これは、湿度が高いために、汗が蒸発しないことによるものです。せっかく汗をかいても、その汗がなかなか引かないと、その分体温も低下しないのです。

熱中症にならないためには?

熱中症にならないためには?

こまめな水分補給をすることが大切です。汗をかいても蒸発されないことで体温が調節できないために、体の外で温度調節をするのではなく、水分を摂ることで体温を下げるようにすることが大切です。

それだけではなく、できれば風に当たるなどをして、体を冷やすようにしましょう。そして、汗をかいたために失われる塩分もきちんとチャージしてあげることを忘れないようにしましょう。

熱中症にならないためには自分自身で管理を!

どういった場合でも、大体熱中症になる条件があります。ですから、自分自身できちんと管理することが必要です。子供の場合は、大人がきちんと管理しましょう。そして、高齢者は、暑いと感じる前にこまめに水分補給をすることが大切です。年齢を重ねるごとに、暑いと感じる気温が高くなってきているためです。

PR