特に夏は要注意!!脱水の症状を知って予防をしよう!!
80views

特に夏は要注意!!脱水の症状を知って予防をしよう!!

皆さん、脱水の症状になったことがありますか??脱水になると、酸素や栄養素が上手く体内に行き渡らず、体温も調整できなくなります。脱水症状は、夏はもちろん、梅雨の時期や冬場でもなることがあります。そこでここでは、脱水の主な症状と治療法、予防策などを詳しく紹介していきます!!

脱水ってどんな状態??

体の中の体液が減少している!

脱水症状は、体内に入ってくる水分の量が減少し、体外に出ていく水分量が増え、体の中の体液が減少している状態のことを言います。

体液は、血液、リンパ液、唾液、粘液、汗、消化液、尿など体の中の全ての液のことを言い、この体液が正常に保たれていることにより、栄養や酸素を体中に届け、老廃物と二酸化炭素を排泄することができます。従って、体液が体の中から不足すると、体調に異常が起こります。

体の中の体液が減少している!

脱水の症状は、体調不良であまり食事を摂れない時や、暑い時、嘔吐や発熱、発汗が続く時、慢性呼吸器疾患を患っている時、糖尿病や意識障害、認知障害が現れている時などになりやすいです。飲酒している時も体から水分がどんどん出ていくので、脱水症状になりやすいですよ。

また、子どもや65歳以上の高齢者がよくなる傾向があります。

子どもや65歳以上の高齢者がよくなる傾向

脱水症状にならないためには??

こまめに水分を摂取しよう!!

とにかく、ことあるごとに水分を摂取することが大切です。

就寝前や起きてすぐ、入浴前後、運動中、飲酒後等は特に意識して水分を摂取しましょう。体の水分は、皮膚表面や呼吸からも排出されています。汗をかいていないからという理由で、水分を摂らないというのは間違っていますよ。

こまめに水分を摂取しよう!!

ミネラル補給もしっかりと!!

水分だけを補給していると、自発的脱水を起こすこともあります。

これは大量に汗をかいた時、水だけを摂取すると血液中の塩分が薄まって、水はいらないと脳が指令を出し、体液の濃度を保つために水を体外に排出するので、脱水症状を引き起こします。従って、特に運動した時は、水分と共にミネラルを補給することがとても大切です。

ミネラル補給もしっかりと!!

運動をする時は、スポーツ飲料やイオン飲料、経口補水液が欠かせませんね。

脱水症状になってしまったら??

まずは水分補給をしよう!!

脱水症状になってしまったら、すぐに経口保水液を摂取するようにしましょう。また、スポーツドリンクも、脱水症状には効きます。ただし、水だけは絶対にやめてください。症状が悪化する恐れがありますよ。

まずは水分補給をしよう!!

日陰や涼しい場所に移動し安静に!!

炎天下で脱水症状になってしまったら、日陰や涼しい場所に移動して、安静にしましょう。横になったりして休むことで、徐々に回復していきます。

日陰や涼しい場所に移動し安静に!!

ひどい場合は病院へ!!

脱水の症状がひどい場合は、病院へ行きましょう。病院へ行くと、点滴などで水分と栄養を補給してくれ、回復していきますよ。

ひどい場合は病院へ!!

脱水の症状になると、とても辛いですし、体の機能もどんどん低下するので、脳梗塞などの重度な疾患を引き起こす可能性もあります。普段から、水分補給はしっかりとし、体を動かして、よく食べて体力をつけておきましょう。

PR