単なる疲労だけじゃない、目の下にクマが出る病気とは?
91views

単なる疲労だけじゃない、目の下にクマが出る病気とは?

疲れている人を漫画で描くとき、絶対目の下にクマを描きますよね?それくらい疲れの象徴として認知されている目の下のクマ。でも休息してもクマが治らないなら、目の下にクマが出る病気かもしれません。クマについて調べてみました。

疲れは目元に出ますね。

目の下にクマができてると、かなりの可能性で、どうしたの?疲れてる?と聞かれますよね。3人に1人が悩んでいるという目の下のクマ。これを隠すメイク方法を検索する人も多いのでは?目の下にできたクマの正体は?

疲れは目元に出ますね。

デリケートな目の下の皮膚

目の周りの皮膚というのはとてもデリケートです。

花粉症の季節にかゆくてこすったり、マスカラが付いたからと言って乱暴にオフしたりすると、一気にまぶたが赤くはれたりしますよね。それもそのはず、目の周りの皮膚は皮脂の分泌がとても少なく乾燥しがちだし、体のほかの部分の皮膚に比べて3分の1から4分の1ほどの厚みしかありません。0.5ミリから0.6ミリくらいのようです。

目の下のクマの種類

一般的にいうところの目の下のクマは、3つに分けられています。目の下の血管の色が、薄い皮膚を通して見えている青クマ、加齢などによって目の周りの筋肉がたるんでしまったり、皮膚が薄くなって伸びてしまったりした黒クマ、メイクや日焼け、摩擦などによって皮膚が色素沈着してしまった茶クマ、です。

目の下のクマの種類

疲れだけじゃないクマもある

働く女性にありがちですが、長時間パソコンなどをして目を使う仕事は目の周りの血行を悪くします。

また全身的な疲れ、冷えやストレス、喫煙も血行を悪くして、血液は十分に酸素を運べなくなり、どす黒くなってしまいします。その血管の色が、皮膚から透けて目の下のクマとなるのですね。でも、このように無理をして疲れからくるクマは、十分な休息、睡眠、栄養のある食事をとり、ストレスをうまく発散すれば解消されます。

でも一向にクマが改善されない場合、それは病気の可能性があるので注意が必要です。

クマに隠された病気がある。

休養してもクマがとれない場合は、単なる疲れではなく、目の下にクマが出る病気が潜んでいる場合あります。その場合、いつまでたっても疲労感から解放されず、全体的に顔色が悪かったり、むくみがひどかったり、逆に痩せ始めたりと、違う体の不調を伴ってくる場合も。

クマに隠された病気がある。

糖尿病

糖尿病の人は高血糖で血管がもろくなっていて、血流が滞っている場合が多く、そのため目の下にクマが出る病気の一つと言えます。このまま高血糖が続くと糖尿病性網膜症になり失明する危険もありますので、目の下にクマが出来て、甘いものが好きな方は注意が必要です。

青クマ-鉄欠乏性貧血

鉄分が減ってしまうと血液中のヘモグロビンが減ってしまい貧血になってしまいます。血液が赤いのは酸素を運ぶこのヘモグロビンの色ですが、貧血になると、血行が悪くなり、血液中の酸素が少なくなってしまいます。そうすると酸素を結合していないどす黒い還元ヘモグロビンばかりが血管の中に停滞してしまい、クマとなって現れるのです。

青クマ-肝臓病・腎臓病

肝臓や腎臓が血液をきれいにする役割があるのは周知のことですね。これらの臓器の機能が落ちると、血液を浄化できずに、血行が悪くなり、クマの原因となります。

青クマ-肝臓病・腎臓病

黒クマ-バセドー病

歌手の絢香さんが休養の原因とされたバセドー病。バセドー病は新陳代謝を促す甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまう病気で、特徴として、眼球の突出してしまう症状があり、黒クマが確認されます。食事をとっても痩せてしまうことも特徴です。

クマは疲れが原因だけではない場合がありますので、解消されない場合は病院を受診してみましょう。

PR