本当に恐い!急に体重が増える時に考えられる病気とは??
81views

本当に恐い!急に体重が増える時に考えられる病気とは??

急に太るというのは、ただ単純に食べ過ぎたり、カロリーを多く摂取したからと言う理由だけでなく、ストレスや病気が原因という事も考えられます。ここでは、急に体重が増える時に考えられる病気、その他の原因について、詳しく紹介します。最近、体重が増えたと感じているアナタ、必見ですよ。

急に体重が増える時に考えられる病気は??

肝硬変

急に体重が増える時に考えられる病気の代表は、「肝硬変」です。

肝硬変は、肝臓で作られているアルブミンという成分が血中で減少し、血液の中から水分がにじみ出て、腹腔に溜まってきます。これが原因で、お腹の中に水がたまり、体重が増えるという訳です。他の症状としては、目や皮膚が黄色くなる黄だん症状や体のむくみ、食道静脈瘤などが挙げられるので、こういった症状が同時に起こる場合は、十分に注意しましょう。

急に体重が増える時に考えられる病気は??

卵巣の病気かも

急に体重が増えたら、卵巣腫瘍をはじめとする卵巣の病気を疑っても良いでしょう。

卵巣に水分など様々なものが溜まると体重が増加します。特に、卵巣腫瘍の場合は、大きくなった腫瘍が周辺の臓器を圧迫し、体重増加と同時に腹痛や腰痛、月経痛、便秘などの症状を引き起こします。また、腫瘍自体も大きくなるので、体重がどんどん増えます。

卵巣の病気かも

卵巣の病気を持ったある女性の方は、卵巣腫瘍が35キロもあった方もいるようですよ。定期健診をしっかり受けて、早期発見に努めましょうね。

ネフローゼ症候群の可能性も!!

ネフローゼ症候群とは、腎臓障害が起こり、血中のタンパク質と尿が一緒に排出されてしまう病気です。血中のタンパク質が減ると、血管や細胞の水分保持ができなくなり、皮膚の下に漏れ始めてむくみが起こります。症状が分かりにくいので、健康診断で初めて分かることも多いようです。

ネフローゼ症候群の可能性も!!

体重が急に増える時に考えられるその他の原因

生理の周期による体重増加

女性は、生理の周期によって体重が大きく変化することもあります。

例えば、月経前は、体のむくみが原因となる体重増加が見られる方も多いです。しかし、この生理周期による体重の増加は、生理が終われば解消します。従って、たった1日で体重が1キロ増えた時と生理時期や生理前の時期が重なった時は、生理が終われば、体重が元に戻ります。あまりにも心配し過ぎると、ストレスになるのであまり考えすぎないようにしましょう。

生理の周期による体重増加

むくみが原因の場合も!!

急な体重増加は、むくみが原因という事も考えられます。むくみの原因は、塩分の取り過ぎです。従って、前の日に塩分が多い食事をすると、翌日に体重が1キロ増えていることがあります。

塩分の多い食事をした後は、野菜をたくさん食べてカリウムを摂取するようにしましょう。カリウムを摂取すると、体内の塩分を排出して、むくみを予防できますよ。また、できれば普段の食事は、薄味を心がけましょうね。

むくみが原因の場合も!!

痩せたい人は、できるだけ薄味にして、野菜を多めに食べるようにしましょうね。

睡眠不足が原因の可能性も!!

睡眠不足になると、脂肪を溜め込む作用がある高ストレスホルモンが分泌され、食欲増進ホルモンの分泌が増加、成長ホルモンの分泌が低下し、脂肪分解やタンパク質の合成を停滞させてしまいます。要するに、体重に関わるホルモンのリズムに変化が出るという訳です。すると、体内時計が狂って、「食欲が増進する」「脂肪を溜め込みやすくなる」「太りやすい体内環境」になります。「一晩くらい夜更かししても大丈夫!」ということがきっかけで、体重が増えることがあることを忘れないようにして下さいね。

睡眠不足が原因の可能性も!!

PR