急に体重が減るときは隠れた病気があるかもしれません
162views

急に体重が減るときは隠れた病気があるかもしれません

急に体重が減る場合は病院で見てもらう必要があります。標準体重よりも20%も体重減少があったり、一年間で10%以上の体重減少がある場合には、さまざまな病気の疾患が要因となっている場合があります。胃ガンや拒食症、肺結核、甲状腺関係の疾患などが考えられます。

急に体重が減るのは一体何故?

急に体重が減る原因とは

急に体重が減る原因とは

食事もおやつも毎日しっかり食べているのにかかわらず体重が減ってしまうのには、隠れた病気がある可能性があります。

体重減少の原因とは

体重減少の原因とは

体重減少の原因として考えられるのは、食事の量が少なくなってきたことや、エネルギーの消費率が低下してしまったこと、運動量が少なくなってきたこと、食事をしたのにもかかわらず、身体に栄養分が吸収されなかったことが考えられます。

一年間で10%の体重減少は注意が必要

急激な体重減少は病院で見てもらいましょう

急激な体重減少は病院で見てもらいましょう

急激な体重減少は何らかの病気が隠れている可能性があるため、一度病院で見てもらう必要があります。一年間以内に10%の体重減少があった場合や、標準体重よりも20%も体重が落ちてしまった場合は、医師に相談しましょう。

拒食症による場合

拒食症による場合

急に体重が減る病気の中には、拒食症によるものがあります。極端なダイエットをし続けていると、神経性食欲不振症になり、いわゆる拒食症になってしまいます。

ストレスが長期化している場合

ストレスが長期化している場合

ストレスが長期化すると、副交感神経の働きが悪くなり、食欲がなくなることで、体重が落ちてしまうことがあります。

モリモリ食べているのに急に体重が減る場合

モリモリ食べているのに急に体重が減る場合

食欲もあり、モリモリとたくさん食べているのに体重が減る場合には、糖尿病や、ガン、甲状腺関係の病気、消化器系の病気、アジソン病などにかかっている場合があります。

甲状腺関係の疾患の場合、喉に異様な腫れがあったり、眼球が出てきたり、手の震えや動悸などの症状があります。甲状腺疾患は30代から40代の若い世代がかかりやすい病気なので、注意しましょう。

高齢者の場合、認知症によって味覚がおかしくなったり、認知症がある場合にも体重減少が起こる場合があります。

胃が痛い場合は

胃が痛い場合は

胃の痛みがあり、吐き気や食欲がなく、急に体重が減る場合には、慢性的な胃炎や胃潰瘍になっていることもあります。

空腹になると胃が痛み、食事を食べると胃の痛みがおさまる場合には、十二指腸潰瘍の可能性があります。胃がんの可能性もあり、胃痛の他に、嘔吐や吐血、胸やけなどの症状もあります。

下痢が続く場合は

下痢が続く場合は
下痢が続く場合には、吸収不良症という病気になっている可能性があります。

この病気は、栄養素と水分を吸収することができない病気で、脂肪便などの特徴があります。他にも潰瘍性大腸炎の場合、粘着性のある血が混じった便が出る場合もあります。

咳やたんに血が混じる場合

咳や痰が頻繁に出て、血が混じっている場合には、肺結核を患っている可能性もあります。体重が急に減ること以外にも、食欲がなかったり、倦怠感もあります。

病気の予防は毎日の生活から

病気の予防は毎日の食生活や規則正しい生活からです。栄養バランスのよい食事をとるように心がけましょう。またできるだけストレスをためないようにすること、悩みごとがある場合には、自分ひとりで抱え込まずに、信頼できる相手に相談するとよいでしょう。

また毎日しっかりと睡眠を取ることによって、免疫力を向上させることができ、ストレスにも強い身体や心を作ることができます。また一年に一度、病院での健康診断を受け、病気を予防し続けることも大切なことです。

PR