骨盤底筋がゆるむ原因は、一体何!?骨盤底筋がゆるむと様々な悪影響が・・
230views

骨盤底筋がゆるむ原因は、一体何!?骨盤底筋がゆるむと様々な悪影響が・・

骨盤底筋がゆるむ原因をご紹介していきます。骨盤底筋は、緩んでしまうと体に様々な悪影響が出てきます。普段、あまり意識していない方も多いと思いますが、骨盤底筋は、加齢や出産によっても緩んできてしまいます。骨盤底筋を鍛える方法もご紹介していきます。骨盤底筋を鍛えて快適な毎日を過ごしましょう!必見ですよ!

骨盤底筋がゆるむ原因は?

骨盤底筋がゆるむと体に悪影響が・・・。

骨盤底筋がゆるむと頻尿になりやすい

骨盤底筋とは、骨盤の下の方にある筋肉で体の様々な機能を支えています。では、そんな骨盤底筋がゆるむと、どのような悪影響が出てしまうのでしょうか・・・。

まず、頻尿になりやすくなってしまいます。女性で頻尿になってしまうと、長時間のお出かけが苦手になってしまったり、仕事に集中できなくなってしまったり、夜に尿漏れが心配で熟睡出来なくなったりともう最悪ですよね。

骨盤底筋は、加齢によっても緩みますが、出産後にも緩んでしまうことが多いため、出産後に急に頻尿になってしまったという方もいらっしゃいます。出産後に骨盤底筋と緩むということは、ご年配の方だけでなく、若い女性でも頻尿になってしまう危険性があるということですね。

そして、骨盤底筋が緩むと、頻尿だけではなく、肩こりや腰痛にも、なりやすくなると言われています。それに骨盤底筋は、緩んでしまっても自覚症状があまりないため、そのまま放置してしまい、それが体の不調の直接の原因となってしまうのです。

骨盤底筋は、運動不足やデスクワークでもゆるむ!?

骨盤底筋は、運動不足、デスクワークも骨盤底筋が緩む原因に

骨盤底筋は、運動不足、デスクワークも骨盤底筋が緩む原因となります。

特に事務仕事などで、いつも椅子に座って仕事をするという方は、どうしても骨盤の筋肉を使うことがなくなり、次第に衰えてしまってしまうんですね・・・。また、社会人になると運動不足にもなりがちですね。

では、次に骨盤底筋を鍛える方法をご紹介します。

骨盤底筋を鍛える方法は?

ストレッチや少しの工夫で骨盤底筋を鍛えられる

骨盤底筋を鍛えるのは、難しいことをしないといけないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、いたって簡単!ちょっとしたストレッチや普段の生活を少し工夫することで骨盤底筋を鍛えることが出来ます。

まず骨盤底筋を鍛えるにあたって大切なことは、普段の歩き方を工夫することです。

骨盤底筋が緩んでしまうと、歩き方もなんだかみっともない感じに見えてしまいます。そこで、背筋を伸ばし、体の中心に棒を通したようなイメージで歩いてみてください。また、普段より気持ち程度、つま先に力を入れて歩くと、骨盤底筋が鍛えられるのでおすすめです。

そして次に、自宅で簡単に行える骨盤底筋を鍛えるストレッチ方法をご紹介します。

こちらはいたって簡単!椅子に座っている時に意識して肛門、膣をキュッと締めるだけです。

肛門や膣に意識して力を入れることで、骨盤底筋が鍛えられます。このときに腹筋に力を入れすぎてしまうと骨盤底筋があまり刺激されないので、リラックスしながら行うようにしましょう。

この簡単なエクササイズは、椅子に座っていれば場所を選ばず基本的にどこでも出来ますので、会社で仕事の休憩中などにも実践してみてください。

大切なのは、小さいことの積み重ね!これらの方法で骨盤底筋を毎日鍛えてあげると、絶対に後々いい結果が出ますよ。

運動が得意な方は、さらに激しいエクササイズで骨盤底筋を鍛えよう!

スクワットも骨盤底筋を刺激する効果的な方法の1つ

先程は、骨盤底筋を鍛える簡単な方法をご紹介しましたが、普段から運動をしていて、運動が得意な方は、スクワットするのがオススメです。

スクワットも骨盤底筋を刺激する効果的な方法の1つですので、ぜひ試してみましょう。

PR