食べても空腹感を感じる意外な原因とは? 
240views

食べても空腹感を感じる意外な原因とは? 

食べても空腹感を感じるのは中医学用語で消穀善飢(しょうこくぜんき)と言います。空腹を満たすために食べてしまっては過剰摂取となってしまい、生活習慣病の引き金にもなりかねません。解消しない空腹感の原因と改善法についてご紹介します。

空腹感が満たされない理由とは?

食べた直後にも空腹感を感じるとなると健康とは言えません
健康であれば誰でも空腹を感じるのは当然のことで、食欲があることが健康を計るバロメータの一つでもあります。

けれども、食べた直後にも空腹感を感じるとなると健康とは言えません。それはなんらかの病気のシグナルである場合もあれば、心理的な問題であるケースもあります。つまりそれ自体が病気なのではなく、症状の一つです。

食べても空腹を感じる病気の一つに糖尿病が挙げられます。糖尿病というのは血液検査で見つかる疾病の一つですが、血糖値が高いのが特徴です。人は食後は誰でも血糖値が高くなりますが、糖尿病の場合常に高い状態にあり、インスリンの分泌異常が原因です。

血糖値に異常はないものの、食べても食べても満足感が得られず、過食症を発症するケースがあります。原因は無理なダイエットやストレスなど精神的な問題が挙げられます。

食べても空腹感が満たされない状態が長く続く場合、医師に相談する事が重要です。

健康なのに食べても空腹感を感じる理由とは?

服用している薬に空腹感を感じさせる副作用のあるものがあります

Day 129: “Bedside” / seanmfreese https://www.flickr.com/photos/seanfreese/7162774864/

空腹というのは糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素の一つである糖分を欲している状態です。血液中のブドウ糖が減少すると、それを補おうとするため身体が食べ物を要求する現象が空腹です。空腹を感じた時に、甘いものを少しでも食べると空腹感が消えるため、摂取過剰防止となりダイエットにも有効です。

ところが、空腹感が消えない場合があるのです。原因の一つに水分不足が挙げられます。人の体は7割が水分でできていると言われている通り、水分を十分に摂取しないことで、脳が空腹と感じさせてしまう誤作動が起こるのです。

朝食を食べない、あるいは量が少ないことも原因の一つです。

朝食は糖質、脂質、タンパク質をバランスよく摂取する事で、一日を通して血糖値が安定するため、空腹感が抑えられるのです。身体が冷えていても空腹を感じます。冬場はシリアルで朝食を済まさず、温かい食べ物で体を中から温める事が大切です。

食べても空腹を感じる原因として稀ですが、服用している薬に空腹感を感じさせる副作用のあるものがあります。その場合は医師に相談して、同じ効果の他の薬に変えてもらうことで解決する可能性があります。

過度の運動と睡眠不足が空腹の原因?

過度の運動が原因の場合があります

過度の運動が原因の場合があります。

食べても空腹感があるのは体が大量にエネルギーを消費しているためなので、この場合は異常ではありません。例えばシンクロナイズドスイミングの選手が、一日に6000カロリーを摂取しても太らないのは、それだけエネルギーを消費しているからなのです。

睡眠不足も空腹感を生じさせます。疲れてエネルギー不足に陥っているため栄養を摂らせようとするためです。また、自律神経のバランスが崩れ、食欲を増進させるホルモンが分泌されるのです。ダイエットを成功させるために睡眠不足は大敵と言われているのはこのためです。

脳の疾患が原因の空腹感

空腹や満腹を感じさせているのは脳下垂体の視床下部です

Brains! / Hey Paul Studios https://www.flickr.com/photos/hey__paul/8106410440/

空腹や満腹を感じさせているのは脳下垂体の視床下部です。この部分に腫瘍ができる事で脳が間違ったシグナルを出すケースが稀にあります。食べても空腹感がまぎれない理由を一つ一つ消去法で消して、何も残らなかった場合は脳の病気を疑ってみる必要があります。

精神的な問題が原因の空腹感

イライラが食欲に変わるのはホルモンが原因

ストレスによりグレリンというホルモンが分泌されますが、空腹感を感じさせるホルモンの一つです。

ストレスは誰しも多少なりと感じるものですが、悩みが長く続き解決の糸口が見つからないとストレス過剰となります。イライラが食欲に変わるのはホルモンが原因なのです。解消法としては、極短い時間でも良いので、何かに熱中してストレスの元となっている事象を完全に忘れることです。

また、退屈が食欲の引き金となることもあるのです。何かに熱中したり刺激があれば、食欲を抑制する事ができるのです。

PR