梅雨の体調不良は温邪のせいだった!規則正しい生活で体調不良を改善しよう
170views

梅雨の体調不良は温邪のせいだった!規則正しい生活で体調不良を改善しよう

梅雨の体調不良は、高温度、高湿度の温邪が原因でした。低気圧だと酸素も少なくなり、身体が酸素不足になり、自律神経の働きも悪くなります。そのため梅雨の時期は体調が悪くなってしまうのです。体温調整ができる服装を身に付けましょう。また規則正しい生活や栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

梅雨の体調不良の原因とは?

梅雨の体調不良の原因は温邪でした

梅雨の体調不良の原因は温邪

じめじめとした梅雨時は、精神的にも憂鬱な気持ちになってしまうのではないでしょうか。
またなんとなく梅雨時は、頭が痛くなったり、お腹の調子も悪くなってしまいます。

こうした梅雨の体調不良の原因は温邪にあります。

温邪って何?

雨天の時や梅雨の時期など過剰な湿気で体調を崩してしまうこと

温邪とは漢方の世界で使われる言葉で、雨天の時や梅雨の時期など過剰な湿気で体調を崩してしまうことを言います。

6月の梅雨の時期は気温も暑く、湿度も高いため、体温を保とうと身体も普段よりもエネルギーをたくさん使い続けています。
そのため、自律神経のバランスも乱れてしまうため、体調が悪くなってしまうのです。

梅雨の体調不良は気圧低下も原因の一つです

雨が降ると頭が痛くなる理由とは

雨が降ると頭が痛くなる理由とは

雨が降ると、なんとなくいつもよりだるさを感じたり、頭が痛くなる経験はありませんか?

実は雨が降ると、低気圧になるため、大気中の酸素も薄くなってしまいます。
耳の奥にある内耳もこうした気圧の変化を感じ取ることが出来るため、交感神経が活発化されます。

そのため、全身の血流や感覚神経にも影響が出てくるため、いつもに比べて痛みなどに敏感になります。
身体も酸素が不足するために、体調不良が身体中のあちこちに出てきます。

自律神経のバランスも崩れるため、ふだんよりも身体のだるさや頭の痛みなども感じやすくなってしまうのです。

梅雨の体調不良は男性よりも女性の方が多い!

梅雨の体調不良は女性の方がなりやすい

梅雨の体調不良は自律神経のバランスを崩しやすい女性の方がなりやすい傾向がありますので、特に女性の方は気を梅雨の時期の体調管理に気をつける必要があります。

梅雨の体調不良は予防策を立てておきましょう

服装で予防をしましょう

スカーフや薄いコートなど

雨が降るたびに体調が悪くなってしまうという方は、あらかじめ対策を立てておくとよいでしょう。

体調管理が出来やすいスカーフや薄いコートなどを用意しておきましょう。
雨や冷房で寒気を感じたら、サッと羽織れば、体温調節をすることが出来ます。

食事は栄養バランスのよいものにしましょう

朝ごはんは、体温を作る元

雨が降り、気圧が低くなると、胃腸も弱り気味になってしまいます。

そこで梅雨の時期は特に食事の栄養バランスや量に気を配りましょう。
栄養バランスの良い食事を摂るように心がけ、暴飲暴食はしないように心がけましょう。

特に朝ごはんは、体温を作る元となるため、朝弱い方もしっかり頂くようにしましょう。

規則正しい生活を心がけましょう

規則正しい生活を

梅雨の時期は自律神経の働きが不安定になってしまう時期でもあります。

そこで、自律神経の働きを良くするために、出来るだけ規則正しい生活をするように心がけましょう。
睡眠時間をしっかり取り、なるべく同じ時間帯に起床、就寝すると良いでしょう。

ぬるめのお風呂でリラックスしましょう

ぬるめのお風呂でリラックスしましょう

梅雨の体調不良の原因は自律神経の乱れにあるため、自律神経の働きをよくしてくれるお風呂にゆっくりと浸かりましょう。

就寝前にお風呂に浸かることで、その日一日の不調をリセットさせてくれます。
気分もリラックス出来、頭痛などの痛みも和らぎます。

冷えは禁物

梅雨の時期は蒸し暑く、湿度が高い時もあります。
エアコンの風に当たり過ぎると、身体全体が冷えてしまい、ますます体調不良になってしまうこともあります。

職場や電車の中などが冷えている場合は、カーデガンや靴下などで冷え対策をしておくとよいでしょう。

またこの時期はなるべく冷たいものを摂らないようにしましょう。
うどんなど、身体を温めてくれる温かい食べ物を食べるとよいでしょう。

PR