ストレスで吐き気が起きる原因とその治療法、対策法
140views

ストレスで吐き気が起きる原因とその治療法、対策法

現代社会に生きる誰もが、仕事や家庭、人間関係などの様々なストレスを抱えています。過剰なストレスは体に様々な悪い症状をひき起こします。比較的多い症状に、食欲不振、やる気が出ない、気分が沈む等の症状です。ここでは特に、ストレスで吐き気が起こる場合についてご説明します。

ストレスによる吐き気の特徴

吐き気が起こる原因は多々あるもの。吐き気の症状がある時に、まず疑うのは胃炎や消化器系の病気です。そこで、ストレスで吐き気が起こっているのかどうかを判別するポイントを紹介します。

吐き気のタイミングと原因

吐き気のタイミングと原因

まず、吐き気の起こるタイミングです。胃腸の病気の場合は、「食後にいつも吐き気がする」パターンや「空腹時に吐き気がする」パターンがあります。つまり、食物の摂取に応じて、症状が現れたり消えたりするのです。

空腹時に吐き気がして物を食べたら治ったという場合は、ストレスが原因ではなく、胃炎、又は胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの症状だと考えられます。特に胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合、空腹時に胃液が分泌されると吐き気が生じる事があります。これらの場合には、内科で診察を受ける事が必要です。

ストレスで吐き気が起こる場合は、食事とは関係なく、場面ごとに吐き気が生じます。ストレスの原因となるような場面に遭遇した時です。

例えば、会社で上司との人間関係がストレス源となっている人は、上司に叱られた時に吐き気が生じたりします。また、家庭で夫婦間の不仲でストレスを感じている人は、配偶者と喧嘩をしているうちに吐き気をもよおしたりします。

吐き気が起きた時の対処法

ストレスによる吐き気が起きた場合、胃の内容物が吐けるようでしたら吐いてしまった方が楽です。胃腸の病気による吐き気と異なり、胃薬はあまり効果が無い事があります。現在は「ストレスによる胃炎・神経性胃炎」用の胃薬も市販されていますので、このような薬を飲んでみるのも良い方法です。

特に会社にいる間にストレスで吐き気が起きた場合、最も良い方法はストレス源から離れる事です。一時的にストレスの元凶から離れてください。そして、会社のトイレやロッカーで良いので、一人で深呼吸をして下さい。

「上司に怒られている最中で、席を外す事ができない」という状況も多いと思います。その時は、上司の話の内容を全て集中して聞く必要はありません。その場で気分が悪くなり吐いてしまえば、余計に怒られ余計にストレスが溜まる事になります。最後まで聞いているフリをしながら、うまく上司の相手をするのが良いでしょう。

吐き気が起きた時の対処法

ストレス性の胃炎、胃潰瘍という言葉がある通り、ストレスは胃に多大な負担をかけます。ストレスのかかっている状態の人間の胃は、胃カメラで見ると赤く充血し、炎症を起こしているそうです。

ストレスで吐き気が生じた場合は、まずは別の楽しい事を考えて、気分を切り替える事です。他の事を考えるうちに、吐き気が去って行く場合もあります。

ストレスによる吐き気の予防法、治療法

適度なストレスは、上手く付き合っていけば自分をよりステップアップさせるための、良い意味でのプレッシャーになります。しかし、過剰なストレスや、長期にわたるストレス環境は、心身の調子を崩す原因となります。

過度のストレスは昔から、胃に負担をかけると言われています。ストレスで吐き気を生じさせない為の対策は、ストレスをためない事です。これが「言うは安く行うは難し」で、ストレスをためやすい性格の持ち主はなかなかうまくストレス解消ができません。

ストレスによる吐き気に関しては、医師の診察としては「心療内科」に相当します。純粋な内科というよりは、精神的側面が強い事から、心療内科にて治療を受けるのが妥当だと思われます。ストレスが過剰になると、体内の自律神経系に影響を与えます。その結果、ホルモンバランスが乱れたり、胃液の分泌が抑制されたりして、体に不調が現れるのです。

心療内科にて治療を受けるのが妥当

一般的には、ストレスにより交感神経が活性化した状態になります。すると人は眠りにつきにくくなり、消化器官の活動が抑制されます。そして吐き気が起こるという悪循環に陥ります。逆に言えば、生活習慣を整える努力をする事で、吐き気は抑えられるともいえます。

時には頭の中を空っぽにして、何も考えないようにするのです。そして、嫌な事を考えそうになったら、何か楽しい事に集中します。

夜は可能な限り早く寝ましょう

夜は可能な限り早く寝ましょう。睡眠時間を長めに取り、体と心を休めると、翌日もストレスに負けずに生活する事ができます。一日のうち、リラックスする時間を十分とる事が大事です。

PR