静電気で体調不良になってしまう?!静電気の害から身を守る4つの方法
230views

静電気で体調不良になってしまう?!静電気の害から身を守る4つの方法

静電気で体調不良になることを知っていますか?体質的に静電気がたまりやすい人は体調不良や病気になる可能性があります。対処するためには定期的に裸足で歩く、流水で手を洗うことが有効です。また寝具や衣類は化学繊維をさけて天然繊維で作られたものにするだけでも静電気の害を減らすことができます。

静電気で体調不良になる?

晴れた冬の日にドアノブにさわってバチッと静電気が発生した不快になったことがある人も多いでしょう。このような静電気による被害は実は日常的に存在しており、そのために体調不良になるとも言われています。健康な人からすると、静電気で体調が悪いと言う人は思い込みの激しい人、あるいは気にしすぎや大げさな感じもするかも知れませんが静電気と体調に関係があることを主張する医師もおり、まったくでたらめな情報とも言い難いようです。

一説には人には静電気がたまりやすい体質の人とそうでない体質の人がいるようです。静電気がたまりやすいと血液中の赤血球が塊やすく、また血流が悪くなります。この結果、あらゆる病気になりやすくなるのです。このような静電気はどのように溜まってしまうのでしょうか?

実は静電気は日常生活で簡単に溜まってしまいます。例えば、靴を履いて歩く、電化製品に触れる、長時間ものに触れない、化学繊維など人工物に触れるなど日常で当たり前に行うことでどんどん静電気は溜まっていきます。また、寝ている間も脳に静電気がたまるため、長時間眠ることで体調が悪くなるという人は注意が必要です。このような体内の静電気はどのように放出すれば良いのでしょうか?

【1】浜辺を裸足であるく

静電気は地球に触れることで簡単に放出することができます

静電気は地球に触れることで簡単に放出することができます。そのためにあ裸足で土の上を歩くことが必要です。さらに、その環境がミネラル豊富であればより効果的です。そのような理想的な場所として浜辺があります。とくに波が打ち寄せる湿った場所であるとなお効果が高くなります。原因不明の体調不良を感じる人や気圧の変化によって体調が変化するという人にはとくにおすすめです。

【2】手を洗う

流水で手を洗うだけでも放電することができます

近くに海がない人の場合には1時間に1回ほど流水で手を洗うだけでも放電することができます。1回3分ほどの流水であらうことが望ましいですが、それ以外にも塩水に手をつけることも効果的です。塩にはミネラルが含まれており、ミネラルを含んだ水は浄水よりもより多くの放電を助けます。また、朝晩塩水を飲むことも静電気の害から身を守るためには有効です。

【3】寝具や寝巻きを天然繊維にする

寝具や寝巻きを天然繊維にする

寝起きに体調不良を感じやすい人は寝具や寝巻きに問題があるのかも知れません。もともと、寝ることは脳内静電気を貯める行為と言われていますが、寝具や寝巻きが化学繊維であると脳内の静電気は行き場を失って、静電気による不快感は悪化します。寝室にコンセントや携帯電話などを置くことは、静電気量を増大させます。寝ている間の静電気量を減らすためには化学繊維でできた衣類、寝具をやめて綿やウール、絹、麻などの天然繊維の使ったものに変えることが有効です。とくに子どもの場合には静電気の影響で脳の発達を左右するとも言われています。子どもの身の回りのものは天然繊維のもので揃えるようにしましょう。

【4】植物や土に触れる

静電気を放出するという意味において土や植物をさわる家庭菜園や畑仕事は非常に有効

最近では家庭菜園が流行っているますが、静電気を放出するという意味において土や植物をさわる家庭菜園や畑仕事は非常に有効です。できれば、広い畑であることが望ましいですが、ベランダ菜園であっても効果があります。ただし、直接土や植物に触ることが効果的なので、ゴム手袋をして行った場合には効果が期待できません。また、直接土や植物をさわった場合には有害な微生物がいたり、感染症の原因となる菌がいる場合もあるので土や植物に触れたあとには十分に手を洗うようにしましょう。

PR