しもやけの治し方を知っておけば安心!しもやけの症状と原因
51views

しもやけの治し方を知っておけば安心!しもやけの症状と原因

しもやけの治し方を知っていれば雪山など寒い地域へ行った時に役に立ちます。同じ状況にあってもしもやけになる人とならない人がいるのは何故なのか。しもやけの予防方法と同時に最も効果的な処置法についてご紹介します。

しもやけは雪国特有の季節病ではない

しもやけは冬に起こる肌トラブルの一つで、凍瘡とも言います。外気にさらされたり、冷たい雪や水に触れやすい体の部位である、手や足、顔にできます。症状は赤く腫れて痺れる様な痒さがあります。

しもやけは冬に起こる肌トラブルの一つしもやけができるメカニズムは、冷えにより収縮した血管が、温められて元に戻るスピードが動脈と静脈で異なるため、血液の循環が悪くなり末端に行き届かなくなることで起こります。つまり、寒さが直接の原因というよりも、血行不良がしもやけの原因と言えるのです。

しもやけは雪国特有の症状と思われがちですが、近年都市部の女性の間でもしもやけのトラブルが急増しています。その理由は靴やブーツによる締め付けや、運動して汗をかいた状態で急激に冷やされることにあります。しもやけの治し方を知っていれば、腫れや痒みが生じた時に素早く対処する事ができるのです。

しもやけの治し方として効果的な方法

しもやけになると、温められると痒くなり、冷えると痛みます。全体が赤く腫れあがっていることもあれば、手のひらや足の裏に赤くブツブツができたりします。この様な状態では歩くだけで痛みがあるため、日常生活に支障を来します。

原因はいろいろありますが、汗や雨、雪で濡れたままの靴や衣類をそのままにしておいたり、普段運動不足がちで筋肉が痩せているとなり易い傾向にあります。そのため、汗をかいたら汗を拭いて着替えをしたり、濡れた靴を乾かし、圧迫感の少ない靴に履きかえる必要があります。

痒みを抑える薬の塗布で、痒みによるイライラは解消されます。最も効果的で手軽な治療方法は、市販の薬を塗ることです。肌トラブルの中でも血行不良が原因のものに効果を発揮する薬ならば、しもやけにも効果があります。また、飲み薬やサプリメントでビタミンEを効率良く摂取できるものも有効です。痒みを生じる為つい掻き毟ってしまいますが、しもやけを悪化させることになるので厳禁です。痒みを抑える薬の塗布で、痒みによるイライラは解消されます。ドラッグストアで薬剤師に相談することが望ましいでしょう。

薬が無い時の処置と予防策

血行不良が原因ですので、血行を良くすることで症状は緩和されます。手足ならば完全に温まるまで温かいお湯につけて揉むのが効果的です。自律神経を整えるのに有効とされるのが、お湯と水に交互に浸けることです。湿布や運動も効果があることが報告されています。手足ならば完全に温まるまで温かいお湯につけて揉むのが効果的

冷え解消のため裏起毛のタイツや厚手のソックスを履くなど、寒さ対策も有効ですが、普段から軽い運動を継続して行うことで血行が良くなり、筋トレをすることで基礎代謝が上がるため、しもやけになりにくくなります。雨や雪の日の外出時はパンプスは避け、水が浸入しにくい長靴や締め付けの強くないブーツが理想的です。肌が汗や水で濡れたまま冷えない様に工夫する事で、足のしもやけは予防できるのです。

痒くても掻かないことも更なる肌トラブルを防止する意味で重要です。とは言え痒みは人間が感じる感覚の中で最もストレスを感じる症状と言われていますので、我慢する事が良いとは言えません。薬が無くても治療はできますが、ストレスを軽減するためにも薬を利用する事が望ましいでしょう。もし水泡ができるまでに悪化している場合は抗生剤が必要です。病院に行くまでもありませんが、薬局で薬剤師に相談しましょう。

PR