乳がんの治療、異常に気づいて早期発見する方法
125views

乳がんの治療、異常に気づいて早期発見する方法

乳がんの治療を行う際は早期発見が大切ですが、乳がんはほかのがんに比べて早期発見しやすいがんです。「マンモグラフィー」や「超音波検査」、また自宅で触診によって乳房のしこりを発見することなどでも可能です。

乳がんの症状

乳がんで多いのは、乳管から発生するがんということです。乳管から発生したがん細胞は、リンパや血液の流れに乗ってほかの臓器へと転移します。たとえば、肺に転移したとしても、「肺がん」とは呼ばずに、「乳がんの肺転移」と呼ばれるようです。
乳がんの症状
乳がんの症状として現れるのは「乳房のしこり」ですが、症状が進むと乳房近くのリンパ節がはれるようなことも起こります。この乳房のしこりは、触診で見つけることが可能です。乳房のしこりの見つけ方ですが、お風呂上りなどに左右の乳房の観察をしてみてください。このとき通常の乳房の状態を知ることが大切です。乳房のしこりは触るとわかるので、親指以外の4本の指でていねいにチェックしましょう。ただし、しこりすべてが乳がんというわけではありませんから、通常の胸とは違うしこりを見つけたら病院を受診してください。

乳がんの検査

乳がんの検査で有名なのが「マンモグラフィー」というレントゲン撮影で、触診で見つからなかった乳房のしこりでも、小さながんが発見されることがあります。マンモグラフィーは、乳房を装置にはさんで圧迫して撮影することで、乳房の内部を調べることができます。
乳がんの検査
マンモグラフィー以外に「超音波検査」がありますが、こちらは乳房に超音波をあてて、はねかえってくる音波を画像化、乳房内部の様子を映し出すというものです。マンモグラフィーと超音波検査で不明な場合は、さらに「MRI検査」や「CT検査」などが行われます。さらに、しこりが見つかった場合は、「穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)」を行うことで、そのしこりががんかどうかの診断ができます。

乳がんの治療

乳がんの治療法として、乳房のしこりを切除する「外科療法」、がんの再発を予防する「放射線療法」、抗癌剤を投与する「薬物療法」などがあります。さらに、女性ホルモンに影響されやすいとされる乳がんでは「ホルモン療法」も試みられます。
乳がんの治療
よく問題とされるのが、乳房を残すか残さないかという判断です。乳房を残す「乳房温存手術」はしこりが小さいうちは有効ですが、大きくなれば「乳房全摘術」となる場合もあるようです。乳がんのステージ(進行度合い)によりどの治療法を採用するかが異なります。

乳がんのステージ

乳がんのステージは、ステージ0からステージ4まで分かれていますが、ステージ0からステージ2あたりまでは、しこりがまだ小さいことから手術できます。ステージ3に入ってしこりが大きくなってくると手術ではなく、放射線療法や薬物療法などが選択されます。

放射線療法や薬物療法は、乳がんの再発を防ぐ場合にも行われますが、副作用があるようです。副作用として疲労感や脱力感、吐き気、皮膚にかゆみや赤みが出たり、髪の毛の毛根に影響が出て脱毛が起こることがあります。

乳がんの再発防止

乳がんは手術後、5年再発しなければ成功などと言われていますが、再発率は低いものではありません。乳がんの再発を防止するために放射線療法や薬物療法が行われますが、しこりの大きさやほかの臓器への転移などによっても治療法が違ってきます。
乳がんの再発防止
再発を防ぐには、身体の免疫力を上げて、年に数回乳がんの検査を受けることです。十分な睡眠を取り、栄養状態を良くして、ストレスをためない健康的な生活をすることでも免疫力を上げることが可能になります。

PR