いつも軟便の原因とは!?軟便を解消する方法
230views

いつも軟便の原因とは!?軟便を解消する方法

いつも軟便の原因には、水分の摂り過ぎ、食生活の乱れ、サプリメントなどの薬の副作用、身体を冷やすような服装などがあげられます。便をやわらかくする食べ物というのもありますから、食べ物にも気をつけてください。

いつも軟便の原因とは!?

いつも軟便の原因とは!?軟便というのは、便が水分を含んでやわらかい状態を指します。いつも軟便の原因を考えてみてください。食生活や普段の行動に軟便になってしまう原因が潜んでいます。

いつも軟便の原因として考えられるものですが、水分の摂り過ぎ、食生活の乱れ、サプリメントなどの薬の副作用、身体を冷やすような服装などがあげられます。ダイエットで野菜や果物ばかり摂っているような生活をすることでも、軟便が出やすくなる場合があります。また、炭酸ジュースやアイスクリームのようなおなかを冷やす食べ物を日常的に飲んだり、食べたりしている場合も軟便になりがちです。普段の食生活を見直してください。

便をやわらかくする食べ物

食べ物の中には、食べると便がやわらかくなるような作用を持つものがあります。牛乳やヨーグルトなどの乳製品、このような食べ物を好む人は、便がやわらかくなってしまう傾向があります。

便をやわらかくする食べ物
便秘に良いとされる野菜などに多く含まれている「食物繊維」には、大腸を刺激して働きを活発にし、排便を促す効果がありますが、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があります。不溶性食物繊維はキャベツやゴボウ、キノコ類などに多く含まれており、水溶性食物繊維の方はワカメなどの海草や果物などに多く含まれています。水溶性食物繊維には、便をやわらかくする作用があります。

軟便が症状として現れる病気

病気の中には、軟便が症状として現れる病気ものがあります。大腸炎や大腸がんなどの腸の疾患によるもの、胃や肝臓などの病気から起こる下痢、糖尿病などの代謝の異常によって起こる下痢があります。下痢が止まらないときや下痢止めなどの薬を飲んでも回復しない場合は、病院を受診しましょう。

また、病気でないにしても、サプリメントなどの薬の副作用であることも。口に入れるもののすべてをチェックしてみてください。常用している薬やサプリメントを止めてみたときに症状が改善されるようであれば、おそらくその薬もしくはサプリメントが原因でしょう。

いつも軟便の原因となる環境

おなかを冷やすような環境、いつも軟便の原因となる環境というのも考えられます。職場の温度は適切でしょうか。冷えすぎるオフィスなどで仕事をしていると、おなかを冷やす元です。寒い場所で、長時間作業しなければならないような職についていると、おなかがゆるくなることがあります。

職場の温度は適切でしょうか
家にいるときも、真夏に熱いからといってクーラーの効きすぎる部屋にいれば、おなかが冷えるでしょう。また、顔がほてるような環境にいると、おなかが冷えているのに気づけないこともあります。

おなかを温める工夫を

おなかが冷えすぎないように、温める工夫をしましょう。まず、服装ですが、身体を冷やしすぎないようにしてください。女性の場合は、冬でもスカートを履かなければなりませんから、薄い素材で寒さを防ぐことのできる下着を着るなど、インナーに防寒対策をするとよいでしょう。外出時は、できるだけ温かい服装でお出かけ下さい。

冷たいビールやジュース、アイスクリームなどを食べるのは避けて冷たいビールやジュース、アイスクリームなどを食べるのは避けて、のどが渇いたらお茶やスープ、ホットココアなどの温かいものを飲むことです。身体の外側だけでなく、内側から温める工夫もしてみてください。

PR