若年性認知症の症状を予防できる生活習慣とは!?
128views

若年性認知症の症状を予防できる生活習慣とは!?

認知症は高齢者がかかるイメージがありますが、64歳以下の人もかかる認知症を「若年性認知症」と言います。若年性認知症の症状は日頃の生活習慣と深い関わりがあることから、適度な運動、バランスの良い食事、睡眠を十分に取ることなどが大切です。

64歳以下がかかる若年性認知症

若年性認知症は64歳以下の若い人もかかります
認知症は高齢になった人が患うものというイメージがありますが、若年性認知症は64歳以下の若い人もかかります。女性より男性患者が多いことから、働き盛りの人が若年性認知症にかかると、仕事や生活に支障が出る場合があります。若年性認知症にかかると、それまでと同じように働けなくなります。
若年性認知症には、高齢者の認知症と同様の「レビー小体型認知症」や「前頭側頭型認知症」、「アルツハイマー病」以外に、頭を強くぶつけたときに起こる「頭部外傷後遺症」、脳の血管障害が原因で起こる「脳血管性認知症」、飲酒により起こる「アルコール性認知症」などがあります。また、若年性認知症は、高血圧や高脂血症、糖尿病などの疾患がある人もかかりやすくなるということなので、これらの病気を患っている人は気をつけるようにしましょう。

若年性認知症の症状

若年性認知症の初期に起こる症状としては、物忘れが激しくなり、新しい物事が記憶できなくなることから、同じことを繰り返したずねるようになります。そのうち、今日の日付や自分がどこにいるかなど、現在の状況がわからなくなります。家事や慣れた作業でも、戸惑うことが増えてきます。
若年性認知症の症状

物忘れのほかに、頭痛やめまい、動悸・息切れ、不眠などの症状も出ます。こういった症状は、うつ病や更年期障害とよく似ていることから、これらの病気と間違われることもあるようです。若年性認知症には、先に書いたように特徴的な記憶障害が出ますから、このような症状が出た場合は、うつ病や更年期障害ではなく、若年性認知症を疑った方がいいでしょう。

若年性認知症が疑われる時

物忘れというのは誰にでも起こりますが、若年性認知症の場合は、約束した場所を間違えるというような軽いものではなく、約束そのものをスッパリ忘れることが増えます。周囲の人に物忘れがひどいことを注意されるようになったら、若年性認知症にかかっているかもしれません。本人は忘れていることすら思い出せないことが増えてくるため、気づけないことがあるからです。

また、家族や友人と話していて話の内容が理解できないとか、テレビのストーリーなどがわからなくなることなども、若年性認知症に関連していることがあります。簡単な計算ができなくなったり、通い慣れた場所に行けなくなるなど、今までできていたことができなくなっているようなら、若年性認知症の診断を受けてみましょう。

若年性認知症の予防法

若年性認知症は、日頃の暴飲暴食、飲酒、喫煙などを行うことでもかかりやすくなると言われます。適度な運動、バランスの良い食事、睡眠を十分に取ることなどが大切です。生活習慣を見直すことで、若年性認知症の予防をすることが可能です。

お酒の好きな人に起こりやすい「アルコール性認知症」などもある若年性認知症を予防するにはストレスのない日常を送り、健康的な生活を行うことが大切です。脳の血管障害から若年性認知症となる「脳血管性認知症」とか、お酒の好きな人に起こりやすい「アルコール性認知症」などもあるので、血管がつまらないような健康的な食事をすることを心がけ、お酒の好きな方は過度な飲酒を避けた方がいいでしょう。

若年性認知症の治療

若年性認知症は、高齢者がかかる認知症と比べて進行スピードが早いので、できるだけ早く治療を受けることが大切です。早期で見つかった場合は、生活習慣を見直すだけですむ場合もあります。若年性認知症にも、いろいろ種類がありますから、投薬で症状を軽減させる薬物療法を取り入れたり、血管障害の場合などは、血管が詰った部分を取り除く外科的な手術が必要になることもあるようです。

薬物療法では、若年性認知症特有の妄想や幻覚を軽減させる「抗精神病薬」、不安や興奮を鎮める「抗不安薬」、抑うつ症状を改善させる「抗うつ薬」などが使われます。血管障害を解消するために、脳の血管を詰まらせる血栓を予防する薬などが用いられます。認知症の研究は進んでおり、症状を改善させるための薬が認可されるようになってきていますから、最新の方法を採用している病院にかかることがポイントになります。

PR