冬の突然死に注意!高齢者に多いヒートショックとは?
107views

冬の突然死に注意!高齢者に多いヒートショックとは?

冬の突然死は、特に高齢者に多いと言われています。そのほとんどが入浴中に起こるヒートショックが原因です。ヒートショックによる死者数は交通事故による死者数よりも多いんだとか。では、冬の突然死を防ぐためにはどのような対策が効果的なのでしょうか?

冬の突然死が多いのはなぜ?

突然死の多くはヒートショックが原因

冬は突然死が多くなる季節とも言われています。その主な原因がヒートショックです。ヒートショックとは、温度の変化によって血圧が急激に上昇、もしくは低下し心臓に負担が掛かる状態を指します。冬は室内でも寒暖差が激しくなるため、ヒートショックによる突然死が多くなるのです。
冬の入浴は十分に注意しなければなりませんヒートショックでの突然死の多くは高齢者と言われています。2011年の調査によると、年間で約1万7000人もの人がヒートショックによって突然死しましたが、そのうちの1万4000人が高齢者だそうです。このように、高齢者の多くがヒートショックによって命を落としています。なんと、ヒートショックによる死者数は、交通事故による死者数の約4倍にも上ります。また、高齢者だけでなく元々高血圧や不整脈の人はヒートショックが起こりやすくなります。
寒い冬は、特にお風呂が気持ちよく感じますよね。湯船に浸かることで血行促進など健康に良い効果をたくさん得ることができます。しかし、それと同時に突然死のリスクも上がってしまうため冬の入浴は十分に注意しなければなりません。

ヒートショックが起きる原因

冬にヒートショックが起きる原因としてまず挙げられるのが、気温の低下です。冬は外気温が低くなることから、室内でも気温が低くなってしまいます。リビングや寝室は暖房で暖めていても、お風呂やトイレを暖めている人は少ないのでは?日本では、脱衣所や浴室を暖める習慣が定着していません。これがヒートショックの大きな原因です。
ヒートショックが起きる原因は温度差もう1つの原因が、寒い浴室と熱いお湯の温度差です。寒い浴室から熱い湯船に浸かると、急激に血圧が変化します。本人としては暖かくて気持ちが良いと感じるかも知れませんが、体には大きな負担が掛かっているのです。
上記に挙げた2つの原因から血圧の変化を見ていきましょう。暖かい部屋から寒い脱衣所に移動し、服を脱いで寒い浴室に入ります。この時、寒さの影響で血圧は一気に上昇します。その後、熱い湯船に浸かることで血管が拡張し血圧が低下します。しかし、湯船から上がり、寒い脱衣所に移動することで再び血圧は上昇します。このような血圧の急激な変化が心筋梗塞や脳梗塞の引き金となってしまいます。

冬の突然死を防ぐための対策!

ヒートショックを防ぐためには、まず体調の変化に敏感になることが重要です。今日は何となく体調が優れないと感じる日は、無理をして入浴することは避けましょう。飲酒後や食後すぐの入浴はヒートショックのリスクが高まります。食後1時間程度経ってからの入浴が望ましいでしょう。また、入浴前に水分を補給することもヒートショックの予防に効果的です。

ヒートショックの大きな原因である気温差を無くすことも重要なポイントです。入浴前に脱衣所や浴室を暖めておきましょう。浴室に暖房がない場合、シャワーで熱いお湯を壁や床にかけることで浴室の温度を上げることができます。

掛け湯をして足からゆっくりと浸かりましょう湯船に入る際には、一気に浸かるのではなく掛け湯をして足からゆっくりと浸かりましょう。また、寒い日は特に熱い湯船に浸かりたくなりますが、湯温はぬるめがベストです。ヒートショックを防ぐために、20分以上の入浴は避けましょう。また、めまいや失神によって転倒する恐れがあるため、湯船からはゆっくりと上がりましょう。

入浴時にこのような対策を行うことで、冬の突然死を防ぐことができます。これからの季節、ぜひ実践してみてください。

PR