喘息は子供だけではない!中高年から突然発症する大人喘息の症状とは?
99views

喘息は子供だけではない!中高年から突然発症する大人喘息の症状とは?

大人喘息の症状は呼吸困難になったり、咳だけが出続けるものなどさまざまなものがあります。子供の喘息の場合だと、アレルギーが原因である場合がほとんどなのですが、大人喘息の場合だと、アレルギーが特定できない場合があります。ストレスや過労、喫煙、アルコールが原因で起こる場合もあります。

大人喘息の症状とは?

喘息は子供の病気というイメージがありますが……

喘息は子供の病気というイメージがありますが……喘息は子供の病気だとイメージを持たれる方もおおいのではないでしょうか?最近注目されているのが、急に発症する大人喘息という病気です。これまで喘息の症状が出てこなかったのにも関わらず、大人になってから急に喘息の発作に苦しんでしまうのです。大人喘息の症状の場合、咳だけが出るものと、痰が出たり、鼻水が溜まるものなど、さまざまな症状があります。また中高年から突然発症するケースが増えてきています。そこで子供の喘息とは違う大人喘息についてご紹介いたします。

喘息の症状とは?

喘息の症状は、呼吸困難になったり、咳が止まらなくなり、痰が出るなどの症状があります。咳込みすぎると、肺が炎症したり、胸が痛くなったり、場合によっては気道閉そくが起こる場合もあります。夜中に喘息の発作が起こると眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

子供の喘息の原因はアレルギーがほとんど

子供の喘息の原因はアレルギーがほとんど原因のほとんどがアレルギーによるものです。幼少期に喘息が酷くても、成長とともに喘息の発作がおさまってくる傾向があります。また子供の喘息は、女の子よりも男の子がかかる傾向があります。

大人喘息の原因はアレルギーではなかった

過労や喫煙、飲酒が原因になっていることも!

大人喘息の原因はアレルギーではなかった子供の時から、アレルギーが原因でずっと喘息持ちだった大人は別として、大人喘息はある日突然発症してしまう場合があります。若い世代よりも、働き盛りの中年男性が急に発症するケースが増えてきているのです。仕事上も責任のある立場になり、仕事が忙しくなったり、長年の喫煙習慣や飲酒が原因となっている場合もあります。アレルギーテストをしてみると、大人喘息の場合、特定のアレルギーが見つからないケースがたくさんあります。その場合、過労や喫煙、アルコールが原因である可能性が高くなります。

ストレスが原因となる場合もあります。

大人喘息は、日頃のストレスが蓄積され続けることによって引き起こされる場合もあります。仕事や人間関係などさまざまなストレスを受けることによって喘息の発作が起きます。

喘息の発作は長期化する前に、病院へ

長引くとやっかいです

大人喘息の症状は長引くとなかなか治りません。また放置しておくと、ますます喘息の発作が酷くなるため、早い段階に病院を受診するようにしましょう。喘息は、治療薬を服用することによって、症状を緩和させたり、治癒させることができます。生活習慣を改めたり、禁酒、禁煙をすることによって病気が早くよくなります。またストレスも要因の一つであるため、できるだけストレスをためないようにすることも大切です。

発作が起きた時間をメモしておきましょう

発作が起きた時間をメモしておきましょう医師が喘息の患者さんによくすすめる方法なのですが、喘息が起きた時間帯を手帳などにメモしておく方法です。どんな時に発作が出やすいのか、自分で記録をつけておくと、いろいろな対処方法が見つかります。また治療薬を服用していた場合、薬の効果を自分で把握することもできます。またこうした情報を受診時にしっかり医師に伝えることで、治療に役立ちます。

PR