大人喘息の原因と治療法 アルコール後の喘息、運動後の喘息とは?
143views

大人喘息の原因と治療法 アルコール後の喘息、運動後の喘息とは?

大人喘息の原因と治療法についてご紹介しましょう。ビールやお酒などのアルコールを飲むと、喘息が出てしまうという方、運動をすると喘息が出てしまうという方いらっしゃいませんか?飲酒後に喘息がでるアルコール誘発喘息や、運動をした後に喘息がでる運動誘発喘息などについてご紹介します。

大人の喘息は治るの?大人喘息が起こる原因と治療法

大人喘息が起こる原因と治療法大人喘息の原因には、運動やアルコールなどがあります。このような運動誘発喘息やアルコール誘発喘息について詳しくご紹介しましょう。

日本人に多いアルコール誘発喘息とは?

喘息を持っている方は、アルコールを飲むことによって喘息が出てしまうことがあります。このような喘息を、アルコール誘発喘息というのですが、飲み会などでビールや日本酒などのアルコールを摂取すると、突然発作が出たり、悪化して辛くなってしまいます。

日本人に多いアルコール誘発喘息とは?【症状】
アルコール誘発喘息の症状は、喘息と同様に咳や痰がからんで喘鳴が出たり、多呼吸や陥没呼吸など、呼吸をすることが困難になることです。

【原因】
アルコールに含まれているアセトアルデヒドという成分は、白血球の一部からヒスタミンを出させます。このヒスタミンが気道を狭めてしまい、喘息の症状を引き起こします。また、アルコールを飲むことで利尿作用が働き、体内の水分量が不足してしまいます。体内水分量が減ることで、痰が出にくくなり、乾いた気道になるため喘息が出やすくなってしまいます。

【治療法】
アルコール誘発喘息の治療法は、ずばりアルコールを体内に入れないことです。アルコールを体内に入れないように注意するためには、ビールやお酒を飲まないだけでなく、しょうゆや味噌などの調味料にも注意しなければなりません。また、薬にも注意をしなければならないため、喘息持ちの方で薬を服用するときには医師や薬剤師に相談をすることが大切です。

運動後に起こる運動誘発喘息とは?

運動誘発喘息は、運動をした後に喘息の症状があらわれます。逆に運動をしないときには、喘息は起こりません。運動誘発喘息は子供に多いのですが、大人の方にも症状が出ることがあります。

運動後に起こる運動誘発喘息とは?【症状】
普通の喘息と同じように、呼吸が苦しくなったり、痰がのどに絡んでしまったりします。ひどくなると、呼吸ができなくなり、チアノーゼの症状が出ることもあります。

【原因】
運動をすることによって、気道の熱が取られたり、水分が取られることが原因ではないかと考えられています。また、運動をすると乳酸が出ますが、これが喘息を引き起こしているのではないかとも言われています。さらに、運動をすると自律神経のバランスを崩してしまいます。この自律神経の乱れも、運動誘発喘息の原因の1つだという研究結果も出ています。

【治療法】
運動をすることで喘息が出るのかを調べるために、運動負荷試験で検査を行います。運動誘発喘息は、通常の喘息と同じように、吸入や内服薬を使って治療を行います。また、毎日定期的に運動を続けることによって、運動誘発喘息が改善することがあります。

大人喘息を治すために大切なこと

子どもの頃から喘息の症状がなくても、20歳を過ぎてから突然喘息の症状に悩まされることがあります。大人喘息は、風邪や過労、ストレスなどが深く関わっています。大人喘息を治すためには、セルフケアをすることが大切です。

セルフケアをすることが大切花粉症の鼻水やくしゃみなどが原因で重い喘息の症状が出ることがあります。花粉症の方は花粉症を治療する薬を飲んで対処しましょう。また、冷暖房で外気との気温差が激しい場所で働いている場合は、カーディガンやレッグウォーマーなどを使って、気温の変化に応じた服装をすることが大切です。そして、外から帰ってきたときには、必ずうがいと手洗いをして、ウイルスや細菌が喉に侵入しないように、予防することを心がけましょう。

PR