これって風邪?いや違う?喉の性病について知識を深めましょう!
985views

これって風邪?いや違う?喉の性病について知識を深めましょう!

喉が痛くて風邪のような症状が出たけど、なんかいつもと症状が違うなんてことありませんか?それって、喉の性病かもしれません。オーラルセックスをすることで感染してしまう喉の性病。病院に行くのが恥ずかしいからと放置していると、大変なことになってしまいます。症状や対策法などについて解説していきます。

喉の性病の種類とは!?

いつもの風邪と症状が違ったら要注意!

いつもの風邪と症状が違ったら要注意!彼氏や彼女と性行為をしてから、なんだか喉が痛い・・・。そんなときは、喉の性病を疑う必要があります。

性病というと、性器にしか感染しないイメージがありますが、オーラルセックスをした際に自分の喉に相手の性器のウイルスが付着し、感染してしまうケースがあるからです。喉の性病の種類をいくつかご紹介していきます。

まず1つ目は、クラミジアです。クラミジアは、女性に多い性病で、性行為をしていない女性でも感染している場合があります。性行為後、風邪を引いていないのに喉がイガイガするような感覚があれば、クラミジアに感染している可能性があります。

そして2つ目は、カンジダです。カンジダのウイルスが口の中に入り込んでしまうと、口内炎がたくさん出来たりします。風邪気味や抵抗力が弱まっている時は、カンジダに感染していなくても、口内炎が出来やすくなりますが、性行為後、あまりにも口内炎の数が多い場合などは、カンジダを疑いましょう。

そして3つ目は、淋病です。淋病の場合は、喉に多少の違和感を感じますが、それほど自覚症状が出ないため、気がつかない人も多いようです。性行為後、喉に違和感を感じて心配になった場合は、恥ずかしがらず病院を受診することが大切になります。

性病に感染しないために!

性病に感染しないために!性病に感染しないためには、コンドームを適切に使用するなどしましょう。喉の性病は、オーラルセックスによって感染するので、場合によっては、オーラルセックスを避けるということも大切になります。

大切なことは、自分の体は、自分で守るということです。性病は、大切なパートナーにも移してしまうことがあるので、知識や理解を深めることが大切です。

最近は、性の若年化が問題になっており、十分な知識がないのにも関わらず性行為をしてしまい、結果的に性病に感染してしまったりというケースが多いそうです。大切なパートナーには、なかなか自分の意見が言いにくいですが、二人の今後のためにしっかり避妊などをして、愛を深めていって下さいね。

性病に感染しないために抵抗力を高めよう!

性病は、疲れやストレスが溜まっていて、抵抗力が弱まっている時に感染しやすくなります。

性病予防にコンドーム等の適切な使用はもちろんですが、自分が健康体でいることが大切になります。若い人など特に野菜が嫌いであまり口にしない方も多いと思いますが食事にも気を付けましょう。

社会人になると飲み会が続いたり、生活が不規則になりがちです。可能な限り、早寝早起きを実践して、健康的なライフスタイルを心掛けましょう。

また、社会人になると運動不足にもなりがちですよね。運動不足になると、太る原因になるのはもちろんですが、新陳代謝が悪くなり、風邪も引きやすくなります。休日に家でゴロゴロするのもいいですが、たまには、近所をウォーキングしたり、仲間とフットサルや野球をしたりと、スポーツをして汗を流すようにしましょう。

運動をするとストレス発散効果もありますし、何よりもご飯が美味しく感じますよ。運動中は、しっかり水分補給をするようにして下さいね。健康的な毎日を送りましょう!スポーツをして汗を流すようにしましょう

PR